自動運転の本の改訂版出版

 自動運転に関する技術書「自動運転」(AUTOMATED DRIVING Systems and Technologies)改訂版を上梓しました。 自動運転の全体像(必要性、歴史、技術、実例、課題)の基礎を明らかにすることを目標にして2015年に初版が出版されました。幸い多く方に興味をもっていただき、3刷を重ねることができました。 その後の自動運転関連の進展が著しく、自動化された運転支援システムの商品化や応用システムの実証実験が大きく進みました。人工知能、センシング、制御などの技術も高度化されました。自動化に関する理解が深まり、関連事項の整備や課題への取り組みも進んでいます。これらの状況をふまえて改訂版に取り組むことになり、5月末に出版されました。

概要は   

https://www.morikita.co.jp/books/book/3341

 に紹介されています。 自動運転関係者の基本的知識として活用されることを期待しています。

自動運転の本改訂版の表紙


富士山と桜をこよなく愛して撮影した「しば良平」さんの想い出

   下の「桜の新名所」の記事で「最近まで日本ではあまり有名でなかった」と書きましたが、今日HPHP画像掲示板の古い画像をチェックしていたら新倉山浅間公園の「五重塔・富士山・桜」が写された画像が2005年4月に投稿されていました。

正確な記録が残っていませんが前後の状況から2008年に他界された歌手の「しば良平」さんからの投稿と推察されます。富士山と桜をこよなく愛し、忙しい歌手としての仕事の合間をぬって、足繁く通って撮影されていたしば良平さんは既に2005年にはこの場所をご存知で、撮影されていました。若干アングルが異なりますが同じ場所で撮影されたことは間違いありません。さすがだなと感心しました。

しばさんが写真撮影を始めた頃、共通の知人との縁でカワセミ撮影に案内したのがお付き合いのきっかけでした。最初の野鳥撮影でホバリング撮影を見事に成功しており、センスと撮影能力の高さを示していました。そのあと何度か野鳥撮影を一緒に楽しみました。その後風景撮影に重点を移されました。

特に富士山撮影に熱意を注ぎ、仕事の合間に昼夜をわかたず足繁く各地を訪れて、プロ級の作品を次々と撮影していました。桜や紅葉との組合せ画像や星空や月夜に浮かぶ富士山の姿など強烈な印象でした。「画像の富士山の頂上付近を見ると、どの場所から撮影したかすぐわかる」と言っていました。それほど各地から撮影をされていたのだと思います。

癌のため惜しまれながら早世されてしまいました。何事にも一生懸命取り組み、周囲に優しく接する人柄が誰にも好かれていました。仕事のことや撮影のことなど、もっともっといろいろ教えていただいたり作品を見せて頂きたかったのですが、残念でなりません。

しばさんにとっては苦手なアングル(?)ですが私の好きな富士山の画像を一枚掲載します。

飛行機から見た富士山

桜の新名所

 最近海外の方が、それまで日本であまり興味を持たれていなかった風景・光景について、新しい視点でその良さを発見してSNS等で発信して紹介し、日本の名所として内外で有名になるケースが増えています。

 桜についてもこれまであまり興味を持たれていなかった場所が海外からの情報で新名所となっています。今回紹介する山梨県富士吉田市の新倉山浅間公園もその一つです。タイ国の方が「富士山と五重塔と桜が一緒に撮影できる場所」として紹介し、ルフトハンザ航空の機内誌やミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの表紙に掲載されたりして日本でも有名になりました。 場所はこんなところです。公園には600本以上の桜があります。右側の五重塔は忠霊塔と略称されています。正式名称は「富士吉田市戦没者慰霊塔」で戦没者の慰霊のための塔で1962年に建立されています。公園はその前(1959年)に作られていて、50年以上前からこのような光景が見られていたと思いますが大きな注目を浴びるようになったのは最近です。

新倉山浅間公園からのパノラマ

前日に訪問を計画していましたが天候が悪くて日程変更しました。平日の午前でしたが駅から見物客がぞろぞろと連なっていました。見たところ外国人客が半数以上でした。数百段の階段をあがって公園の広場に到達すると見事な景色が広がっていました。当日は終日快晴で絶好の撮影日和で綺麗な画像を撮影することができました。よい構図で撮影できるポイントは限られていて、その場所(上の画像の人混みのさらに一段上)は大混雑でした。

富士山と五重塔と桜

典型的なガイドブック画像や絵葉書になりそうな画像です。

新倉山浅間公園の富士山を背景にした桜

東側斜面に数百本の桜があり、富士山を背景に花見を楽しむことができます。開花状況は3~5分ざきといった感じでした。

せっかくですので河口湖からの富士山を見に行きました。河口湖の北岸は河口湖を前景に富士山が撮影できて富士山撮影の名所になっています。桜の季節には河口湖に映り込む富士山と桜のコラボレーションが撮影できます。湖面が穏やかですと富士山が映り込んで良い絵になります。

河口湖北岸からの富士と桜

新散歩カメラの試し撮影結果

新鋭お散歩カメラ(Nikon COOLPIX A1000)のお試し撮影結果です。 以下、全ての画像は三脚等使用せずに手持ちで撮影しています。

1.広角望遠撮影

広角(24mm相当)で撮影

カメラの最も広角側(35mmカメラ換算で24mm相当)撮影した公園の風景。画像中央の白い丸が時計で、時計まで約30mの位置からの撮影です。

望遠光学35倍(840mm相当)で撮影

光学35倍(24×35=840mm相当)で上の画像中央の時計をアップしました。

望遠デジタル140倍(3360mm相当)で撮影

、手持ちで望遠デジタル140倍(光学35倍×デジタル4倍:3360mm相当)の最大望遠状態で上の時計をアップして撮影しました。

光の条件や撮影場所や背景等の条件が良ければ、手持ちで3000mm以上の望遠撮影が可能です。

  

2.接近マクロと望遠撮影

レンズ先端から約1cmに接近して広角24mmでマクロで撮影

家のシクラメンの花(花径約3cm)を広角24mmの状態でレンズのセンタから約1cm離れたところまで近寄ってマクロモードで撮影しました。

約3mの距離から望遠デジタル140倍で撮影

参考に同じ花の左側の花弁を約3m離れた場所から望遠デジタル140倍(3360mm相当)で撮影してみました。接近マクロよりも大きく撮影できますが画像が少し粗くなり、輪郭も少しぼけています。

近づいて撮影できる場合は接近マクロの方が綺麗に撮影できますが、近づくのが困難な場合は超望遠撮影での撮影が良さそうです。

  

3.カワセミ撮影

約15mの距離から望遠光学35倍で撮影

近所の川でカワセミを撮影してみました。約15mの距離のカワセミを光学35倍の望遠(840mm相当)で撮影したものです。カワセミの姿形と色合いはしっかり撮影できています。精細さはいまひとつといったところ。

参考

ほぼ同条件をデジタル一眼レフで撮影

参考にデジタル一眼レフ(Nikon D500+Sigma150-600mm)でほぼ同じ距離(約15m)のカワセミをほぼ同じ望遠倍率(約900mm)で撮影した画像を示します。細かなところの写りが少し違います。

約15mの距離から望遠デジタル140倍で撮影

デジタル4倍を含む140倍でほぼ同じ距離のカワセミを撮影しました。なんとかぎりぎりおさまるくらいに大きく撮影できました。解像度はおちますが特徴は把握できますので、珍しい鳥に出会ったときに大きな一眼レフがなくても証拠写真は撮影できそうです。この画像のように背景が複雑だとピント合わせに苦労しますが。

4.連写

先読み連写で撮影して合成

通常の高速連写(10枚1秒間)とは別に先読み連写という機能があります。その先読み連写機能を試してみました。カワセミが飛び込み開始した瞬間にシャッターを押すと、シャッターを切った時刻の約0.5秒前から0.5秒後の間を10枚連写して記録できます。単純な連写機能で飛び出す瞬間を撮影するには予測して早めにシャッターを切っておかないとダメですが、この機能を使うと0.5秒以内にシャッターを押すことができれば過去に遡って画像データを記録できるので、容易に飛び出す瞬間を撮影することができます。但し記録画素数は約1/10(縦横のサイズで約1/3)に減少するので精細な画像は得られません。上の画像は4枚の連写画像を合成したものです。

  

5.風景撮影

カンヒザクラ(寒緋桜)

季節ものの桜を撮影しました。少し早咲きで色が濃いカンヒザクラ(寒緋桜)です。

ソメイヨシノ(染井吉野)

ソメイヨシノ(染井吉野)も場所によってはもう満開に近いです。

新しいお散歩カメラ、Nikon COOLPIX A1000、ほぼ期待通りでした。強い味方になってくれそうです。

新鋭お散歩カメラ

 新しいお散歩カメラ入手しました。歳のせいか散歩などのちょっとした外出時に望遠ズームつけた一眼レフを持ち歩くのはきつくなってきたので、手軽に持ち歩けるカメラが欲しくなりました。下に記した条件で探した結果行き着いたのがこれです。

Nikon COOLPIX A1000

条件

(1)シャツやズボンのポケットに入れて持ち歩ける(バッグ不要な)重量とサイズ

(2)レンズ交換なしで24~600mm相当以上の範囲の焦点距離をカバー

(3)マニュアル・フォーカスとマニュアル露出が使えること

(4)RAWフォーマットで撮影できること

結構な優れもので店頭試写でほぼ納得の性能を確認。明日は天気も良さそうで、散歩に出かけるのが楽しみです。

八ヶ岳南麓の自然や野鳥の観察・撮影に最適な宿「ペンション あるびおん」

 私が野鳥観察・撮影を始めてからおよそ20年になりますが、その初期からお世話になっている宿が八ヶ岳の麓の「ペンション あるびおん」です。宿を経営しているご夫妻は神奈川に在住されていましたが豊かな自然の環境に魅せられて今の地に移り住んだという経歴の持ち主です。長年のお世話に感謝して紹介させて頂きます。

ペンション あるびおん

宿泊客の希望に応じて自然観察・撮影や散策の提案やガイドをしてくれます。ご主人が写真撮影に関する造詣が深く、自身で野鳥などの動物や四季の景色を撮影しており、素晴らしい作品がたくさんあり、宿で見ることができます。その経験をいかして的確なガイドや撮影のアドバイスをしてもらうことができます。

BS TBSの「森の微笑」というTV番組で八ヶ岳ガイド・動物写真家として紹介されたこともあります。

テレビで紹介されたあるびおんのご主人

奥様の料理が絶品です。食事中に窓から見られるアカゲラなどの野鳥や、珍しい食材を活用した美味しい料理の話題などで宿泊客同士もすぐに打ち解けることができるアットホームな宿です。私自身もその一人ですが奥様の料理が楽しみで訪問している客も多いです。

あるびおんを拠点とした観鳥で撮影した野鳥の一部を紹介します。 アオゲラ、アカゲラ、アトリ、イカル、イスカ、エナガ、オオマシコ、オオルリ、オオワシ、オナガ、オナガガモ、カケス、カシラダカ、カヤクグリ、カワガラス、カワラヒワ、キレンジャク、キンクロハジロ、ケアシノスリ、コガラ、コゲラ、ゴジュウカラ、コハクチョウ、コマドリ、コミミズク、コルリ、シジュウカラ、シメ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、ツグミ、ノビタキ、ハクセキレイ、ヒガラ、ヒドリガモ、ヒレンジャク、フクロウ、ベニマシコ、ホオアカ、ホオジロ、マガモ、ミコアイサ、ルリビタキなどなど。

あるびおんを拠点とした観鳥で撮影した野鳥たち

その他にシカ、サル、リス、テン、カモシカ、タヌキ、キツネなど多くの動物も見られます。

家の窓から見えたカミナリ(ニュースから移動)

家の窓から撮影したカミナリです。遠くの雲の薄い部分の先に横方向に稲妻が走りました。ISO=50、F=22、シャッター=3秒開放、マイナス2段(1/4)補正現像です。

2018年9月に「ニュース」の方に投稿してしまったので、ブログに移します。

特殊な能力を持った嘴の鳥、イスカ

イスカは♂が全体的に濃い赤色で綺麗な鳥です。冬の一時期しか見られません。 13年前に初めて会って、その姿に驚き、是非再会したいと何回も試みましたが長らく会えませんでした。 昔からの知り合いで鳥見で何度もお世話になっている ペンションあるびおん のご主人から「イスカを見ることができそう」とい情報を頂き、久しぶりの鳥見遠征をおこないました。 少し雪の残る山道を重い機材をかついで歩くのは、足の悪い私にとってはきつかったですが、首尾良くイスカに会うことができました。

13年ぶりに再会できた真っ赤なイスカ

イスカはマツなどの針葉樹林に生息し、松かさから種子を取り出して食べます。 枝の下側についた松かさを採りやすいように下向きに止まることもあります。

下向きに止まり松かさから種子を取り出そうとしているイスカ

イスカの嘴は太く、先端が鋭く曲がり、上下がくい違っているために交喙と命名されています。 イスカの名前は「佷し(読み:いすかし 意味:ねじけている)」という言葉からきています。 古来から 「イスカの嘴(はし)の食い違い」といわれ、物事が食い違うことを「イスカの嘴(はし)」といいます。

上下がくい違っているイスカの嘴

イスカは嘴を少し開いて松かさの間に差し込みます。次にイスカが嘴を強く噛み嘴を閉じると、交差している先端が上下に広がって、間を広げて松かさを割ります。こうすることにより松かさの中に閉じ込められた種子を取り出しやすくなります。こうして松かさの中の種子を食べます。

イスカの嘴の先の機能の概念図

ホームページの イスカの特徴 もご覧下さい。

冬に彩りを添えてくれた花たち

この付近にも今季の初雪が降り、まだまだ厳しい寒さが続いています。それでも周囲の花たちが冬の終わり、春の到来が近いことを感じさせてくれます。

水仙:自己陶酔の花?
臘梅:艶やかな花?
紅梅:暖かみのある花?

冬に彩りを添えてくれた花たちに感謝です。早く春の花たちに会いたいものです。

日本一と評価された足利フラワーパークのイルミネーション

藤の花で有名な栃木の足利フラワーパークのイルミネーションが日本一と評価されていると聞いたので、正月の混雑も過ぎたと思われる7日に訪れました。

横浜から圏央道経由で3時間弱、予想より早く着きましたが、イルミネーションは始まっていました。フラワーパークという名前にあわせて「光の花の庭」と銘打ったイルミネーションは大規模で種類も多く見事なものでした。

特に足利フラワーパークの名物である藤をテーマにしたイルミネーションが多く見応えがありました。下の画像は「大藤」の藤棚に設置されていた大藤の花を模した薄紫色のイルミネーションです。多様な点灯パターンで展開される藤の花はアイデアもできばえも見事なものでした。

上の画像、下の画像に示した春(5月)の藤棚の状態をイルミネーションで再現していました。