桜の新名所

 最近海外の方が、それまで日本であまり興味を持たれていなかった風景・光景について、新しい視点でその良さを発見してSNS等で発信して紹介し、日本の名所として内外で有名になるケースが増えています。

 桜についてもこれまであまり興味を持たれていなかった場所が海外からの情報で新名所となっています。今回紹介する山梨県富士吉田市の新倉山浅間公園もその一つです。タイ国の方が「富士山と五重塔と桜が一緒に撮影できる場所」として紹介し、ルフトハンザ航空の機内誌やミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの表紙に掲載されたりして日本でも有名になりました。 場所はこんなところです。公園には600本以上の桜があります。右側の五重塔は忠霊塔と略称されています。正式名称は「富士吉田市戦没者慰霊塔」で戦没者の慰霊のための塔で1962年に建立されています。公園はその前(1959年)に作られていて、50年以上前からこのような光景が見られていたと思いますが大きな注目を浴びるようになったのは最近です。

新倉山浅間公園からのパノラマ

前日に訪問を計画していましたが天候が悪くて日程変更しました。平日の午前でしたが駅から見物客がぞろぞろと連なっていました。見たところ外国人客が半数以上でした。数百段の階段をあがって公園の広場に到達すると見事な景色が広がっていました。当日は終日快晴で絶好の撮影日和で綺麗な画像を撮影することができました。よい構図で撮影できるポイントは限られていて、その場所(上の画像の人混みのさらに一段上)は大混雑でした。

富士山と五重塔と桜

典型的なガイドブック画像や絵葉書になりそうな画像です。

新倉山浅間公園の富士山を背景にした桜

東側斜面に数百本の桜があり、富士山を背景に花見を楽しむことができます。開花状況は3~5分ざきといった感じでした。

せっかくですので河口湖からの富士山を見に行きました。河口湖の北岸は河口湖を前景に富士山が撮影できて富士山撮影の名所になっています。桜の季節には河口湖に映り込む富士山と桜のコラボレーションが撮影できます。湖面が穏やかですと富士山が映り込んで良い絵になります。

河口湖北岸からの富士と桜