凱旋門賞のディープインパクト

 競走馬ディープインパクトが亡くなったとの報が伝わってきました。デビュー以来無敗で中央競馬クラシックレースの三冠馬となったディープインパクトは2006年に競走馬世界ランキング1位にもなり、史上最強の馬と評する人もいます。ディープインパクトが最強と言われた時期、2006年10月1日に世界最高峰のフランス凱旋門賞の第85回のレースに挑戦しました。

たまたまその時期にパリに来ていた私はロンシャン競馬場の近くに宿泊しており、レースを見に行くことができました。レースが行われたパリのロンシャン競馬場には日本からも多くのファンが詰めかけ、超満員でした。

当時ディープインパクトは芝の長距離部門で世界ランキング1位と評価されており、その馬が日本から参加するということで、凱旋門賞レースでも一番人気になりました。レースの前の馬と騎手の紹介でもフランスのレースにもかかわらず日本語のテロップがでるほどでした。

いよいよ武豊騎手騎乗のディープインパクトが入場します。画像右の黄色い帽子をかぶって騎乗しているのが武豊騎手です。ちなみにディープインパクトのレースは全て武豊騎手がのっています。

有名な海外のレースに日本の最強馬が参戦すると言うことで内外のメディアも強い関心を示し、出走ゲートに向かう武豊騎手とディープインパクトに多くの取材陣が押しかけていました。

好スタートをきりレース開始直後から先頭集団の中にいたディープインパクトは、レース後半でトップに躍り出ましたがフランスのレイリンクという馬に並ばれ、鼻差の争いを繰り広げました。

レースの終盤、残り200~50mは熾烈な競争でした。下の画像は1~3着になった3馬の争いのシーンです。真ん中の馬がディープインパクトです。

レース後に観客の拍手に送られてパドックに引き上げるディープインパクトです。レースでは3着になりましたが、レース後に行われた理化学検査(ドーピング検査)でディープインパクトの体内から禁止薬物が検出され、ディープインパクトは失格となってしまいました。レースに参加する1週間ほど前に咳止めの薬を飲み、それが干し草に飛び散り、その干し草をレース直前に食べたのではないかといわれています。

富士山と桜をこよなく愛して撮影した「しば良平」さんの想い出

   下の「桜の新名所」の記事で「最近まで日本ではあまり有名でなかった」と書きましたが、今日HPHP画像掲示板の古い画像をチェックしていたら新倉山浅間公園の「五重塔・富士山・桜」が写された画像が2005年4月に投稿されていました。

正確な記録が残っていませんが前後の状況から2008年に他界された歌手の「しば良平」さんからの投稿と推察されます。富士山と桜をこよなく愛し、忙しい歌手としての仕事の合間をぬって、足繁く通って撮影されていたしば良平さんは既に2005年にはこの場所をご存知で、撮影されていました。若干アングルが異なりますが同じ場所で撮影されたことは間違いありません。さすがだなと感心しました。

しばさんが写真撮影を始めた頃、共通の知人との縁でカワセミ撮影に案内したのがお付き合いのきっかけでした。最初の野鳥撮影でホバリング撮影を見事に成功しており、センスと撮影能力の高さを示していました。そのあと何度か野鳥撮影を一緒に楽しみました。その後風景撮影に重点を移されました。

特に富士山撮影に熱意を注ぎ、仕事の合間に昼夜をわかたず足繁く各地を訪れて、プロ級の作品を次々と撮影していました。桜や紅葉との組合せ画像や星空や月夜に浮かぶ富士山の姿など強烈な印象でした。「画像の富士山の頂上付近を見ると、どの場所から撮影したかすぐわかる」と言っていました。それほど各地から撮影をされていたのだと思います。

癌のため惜しまれながら早世されてしまいました。何事にも一生懸命取り組み、周囲に優しく接する人柄が誰にも好かれていました。仕事のことや撮影のことなど、もっともっといろいろ教えていただいたり作品を見せて頂きたかったのですが、残念でなりません。

しばさんにとっては苦手なアングル(?)ですが私の好きな富士山の画像を一枚掲載します。

飛行機から見た富士山