凱旋門賞のディープインパクト

 競走馬ディープインパクトが亡くなったとの報が伝わってきました。デビュー以来無敗で中央競馬クラシックレースの三冠馬となったディープインパクトは2006年に競走馬世界ランキング1位にもなり、史上最強の馬と評する人もいます。ディープインパクトが最強と言われた時期、2006年10月1日に世界最高峰のフランス凱旋門賞の第85回のレースに挑戦しました。

たまたまその時期にパリに来ていた私はロンシャン競馬場の近くに宿泊しており、レースを見に行くことができました。レースが行われたパリのロンシャン競馬場には日本からも多くのファンが詰めかけ、超満員でした。

当時ディープインパクトは芝の長距離部門で世界ランキング1位と評価されており、その馬が日本から参加するということで、凱旋門賞レースでも一番人気になりました。レースの前の馬と騎手の紹介でもフランスのレースにもかかわらず日本語のテロップがでるほどでした。

いよいよ武豊騎手騎乗のディープインパクトが入場します。画像右の黄色い帽子をかぶって騎乗しているのが武豊騎手です。ちなみにディープインパクトのレースは全て武豊騎手がのっています。

有名な海外のレースに日本の最強馬が参戦すると言うことで内外のメディアも強い関心を示し、出走ゲートに向かう武豊騎手とディープインパクトに多くの取材陣が押しかけていました。

好スタートをきりレース開始直後から先頭集団の中にいたディープインパクトは、レース後半でトップに躍り出ましたがフランスのレイリンクという馬に並ばれ、鼻差の争いを繰り広げました。

レースの終盤、残り200~50mは熾烈な競争でした。下の画像は1~3着になった3馬の争いのシーンです。真ん中の馬がディープインパクトです。

レース後に観客の拍手に送られてパドックに引き上げるディープインパクトです。レースでは3着になりましたが、レース後に行われた理化学検査(ドーピング検査)でディープインパクトの体内から禁止薬物が検出され、ディープインパクトは失格となってしまいました。レースに参加する1週間ほど前に咳止めの薬を飲み、それが干し草に飛び散り、その干し草をレース直前に食べたのではないかといわれています。

自動運転の本の改訂版出版

 自動運転に関する技術書「自動運転」(AUTOMATED DRIVING Systems and Technologies)改訂版を上梓しました。 自動運転の全体像(必要性、歴史、技術、実例、課題)の基礎を明らかにすることを目標にして2015年に初版が出版されました。幸い多く方に興味をもっていただき、3刷を重ねることができました。 その後の自動運転関連の進展が著しく、自動化された運転支援システムの商品化や応用システムの実証実験が大きく進みました。人工知能、センシング、制御などの技術も高度化されました。自動化に関する理解が深まり、関連事項の整備や課題への取り組みも進んでいます。これらの状況をふまえて改訂版に取り組むことになり、5月末に出版されました。

概要は   

https://www.morikita.co.jp/books/book/3341

 に紹介されています。 自動運転関係者の基本的知識として活用されることを期待しています。

自動運転の本改訂版の表紙


日本一と評価された足利フラワーパークのイルミネーション

藤の花で有名な栃木の足利フラワーパークのイルミネーションが日本一と評価されていると聞いたので、正月の混雑も過ぎたと思われる7日に訪れました。

横浜から圏央道経由で3時間弱、予想より早く着きましたが、イルミネーションは始まっていました。フラワーパークという名前にあわせて「光の花の庭」と銘打ったイルミネーションは大規模で種類も多く見事なものでした。

特に足利フラワーパークの名物である藤をテーマにしたイルミネーションが多く見応えがありました。下の画像は「大藤」の藤棚に設置されていた大藤の花を模した薄紫色のイルミネーションです。多様な点灯パターンで展開される藤の花はアイデアもできばえも見事なものでした。

上の画像、下の画像に示した春(5月)の藤棚の状態をイルミネーションで再現していました。

鎌倉鶴ヶ岡八幡宮初詣

天気も良かったので鎌倉鶴ヶ岡八幡宮に初詣にいってきました。鎌倉駅から既に大混雑で、段葛もノロノロとしか歩けない状態です。

八幡宮の入り口前から大渋滞です。

要所要所に縄を張って通行規制をしていました。

およそ1時間半かかってやっと参拝所にたどりつき、お参りしてきました。今年1年が良い年でありますように。

休館日にゆっくり見られた国民的画家東山魁夷の作品展

美術館休館日の特別展示で作品を楽しんできました。

知り合いから「東山魁夷展」の特別招待券をいただき、乃木坂の国立新美術館に見にいってきました。休館日の特別展示でしたので有名作品展によくある混雑がなく、ゆっくりと楽しむことができました。

東山魁夷は国民的日本画家と言われ、昭和を代表する画家の一人で、その作品は有名ですが、これまで実際の作品に触れる機会はありませんでした。私の好きな色である青色をうまく使った風景作品が特徴の一つですが、唐招提寺の障壁画の墨絵など多彩な手法で描かれた100点あまりの作品を堪能することができました。