凱旋門賞のディープインパクト

 競走馬ディープインパクトが亡くなったとの報が伝わってきました。デビュー以来無敗で中央競馬クラシックレースの三冠馬となったディープインパクトは2006年に競走馬世界ランキング1位にもなり、史上最強の馬と評する人もいます。ディープインパクトが最強と言われた時期、2006年10月1日に世界最高峰のフランス凱旋門賞の第85回のレースに挑戦しました。

たまたまその時期にパリに来ていた私はロンシャン競馬場の近くに宿泊しており、レースを見に行くことができました。レースが行われたパリのロンシャン競馬場には日本からも多くのファンが詰めかけ、超満員でした。

当時ディープインパクトは芝の長距離部門で世界ランキング1位と評価されており、その馬が日本から参加するということで、凱旋門賞レースでも一番人気になりました。レースの前の馬と騎手の紹介でもフランスのレースにもかかわらず日本語のテロップがでるほどでした。

いよいよ武豊騎手騎乗のディープインパクトが入場します。画像右の黄色い帽子をかぶって騎乗しているのが武豊騎手です。ちなみにディープインパクトのレースは全て武豊騎手がのっています。

有名な海外のレースに日本の最強馬が参戦すると言うことで内外のメディアも強い関心を示し、出走ゲートに向かう武豊騎手とディープインパクトに多くの取材陣が押しかけていました。

好スタートをきりレース開始直後から先頭集団の中にいたディープインパクトは、レース後半でトップに躍り出ましたがフランスのレイリンクという馬に並ばれ、鼻差の争いを繰り広げました。

レースの終盤、残り200~50mは熾烈な競争でした。下の画像は1~3着になった3馬の争いのシーンです。真ん中の馬がディープインパクトです。

レース後に観客の拍手に送られてパドックに引き上げるディープインパクトです。レースでは3着になりましたが、レース後に行われた理化学検査(ドーピング検査)でディープインパクトの体内から禁止薬物が検出され、ディープインパクトは失格となってしまいました。レースに参加する1週間ほど前に咳止めの薬を飲み、それが干し草に飛び散り、その干し草をレース直前に食べたのではないかといわれています。