特殊な能力を持った嘴の鳥、イスカ

このエントリーをはてなブックマークに追加

イスカは♂が全体的に濃い赤色で綺麗な鳥です。冬の一時期しか見られません。 13年前に初めて会って、その姿に驚き、是非再会したいと何回も試みましたが長らく会えませんでした。 昔からの知り合いで鳥見で何度もお世話になっている ペンションあるびおん のご主人から「イスカを見ることができそう」とい情報を頂き、久しぶりの鳥見遠征をおこないました。 少し雪の残る山道を重い機材をかついで歩くのは、足の悪い私にとってはきつかったですが、首尾良くイスカに会うことができました。

13年ぶりに再会できた真っ赤なイスカ

イスカはマツなどの針葉樹林に生息し、松かさから種子を取り出して食べます。 枝の下側についた松かさを採りやすいように下向きに止まることもあります。

下向きに止まり松かさから種子を取り出そうとしているイスカ

イスカの嘴は太く、先端が鋭く曲がり、上下がくい違っているために交喙と命名されています。 イスカの名前は「佷し(読み:いすかし 意味:ねじけている)」という言葉からきています。 古来から 「イスカの嘴(はし)の食い違い」といわれ、物事が食い違うことを「イスカの嘴(はし)」といいます。

上下がくい違っているイスカの嘴

イスカは嘴を少し開いて松かさの間に差し込みます。次にイスカが嘴を強く噛み嘴を閉じると、交差している先端が上下に広がって、間を広げて松かさを割ります。こうすることにより松かさの中に閉じ込められた種子を取り出しやすくなります。こうして松かさの中の種子を食べます。

イスカの嘴の先の機能の概念図

ホームページの イスカの特徴 もご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です