富士山と桜をこよなく愛して撮影した「しば良平」さんの想い出

このエントリーをはてなブックマークに追加

   下の「桜の新名所」の記事で「最近まで日本ではあまり有名でなかった」と書きましたが、今日HPHP画像掲示板の古い画像をチェックしていたら新倉山浅間公園の「五重塔・富士山・桜」が写された画像が2005年4月に投稿されていました。

正確な記録が残っていませんが前後の状況から2008年に他界された歌手の「しば良平」さんからの投稿と推察されます。富士山と桜をこよなく愛し、忙しい歌手としての仕事の合間をぬって、足繁く通って撮影されていたしば良平さんは既に2005年にはこの場所をご存知で、撮影されていました。若干アングルが異なりますが同じ場所で撮影されたことは間違いありません。さすがだなと感心しました。

しばさんが写真撮影を始めた頃、共通の知人との縁でカワセミ撮影に案内したのがお付き合いのきっかけでした。最初の野鳥撮影でホバリング撮影を見事に成功しており、センスと撮影能力の高さを示していました。そのあと何度か野鳥撮影を一緒に楽しみました。その後風景撮影に重点を移されました。

特に富士山撮影に熱意を注ぎ、仕事の合間に昼夜をわかたず足繁く各地を訪れて、プロ級の作品を次々と撮影していました。桜や紅葉との組合せ画像や星空や月夜に浮かぶ富士山の姿など強烈な印象でした。「画像の富士山の頂上付近を見ると、どの場所から撮影したかすぐわかる」と言っていました。それほど各地から撮影をされていたのだと思います。

癌のため惜しまれながら早世されてしまいました。何事にも一生懸命取り組み、周囲に優しく接する人柄が誰にも好かれていました。仕事のことや撮影のことなど、もっともっといろいろ教えていただいたり作品を見せて頂きたかったのですが、残念でなりません。

しばさんにとっては苦手なアングル(?)ですが私の好きな富士山の画像を一枚掲載します。

飛行機から見た富士山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です