イヌワシ(Golden Eagle:狗鷲)です。タカ目タカ科の鳥で、♂の全長約80cm、翼開張(翼開長)170-213cmです。アフリカ北部からユーラシア、アジア、北アメリカに広く分布しています。平原から山地に生息します。日本では高地、高山で見られます。

20130504-1.jpg

アメリカ合衆国では各地で見られますが、西海岸の方が良く見られます。今回は西海岸側のワシントン州の樹木公園で見ました。樹木公園のインフォメーション・センタで最近見られる鳥を尋ねたら、まだもう少し暑くならないと鳥は少ないとのことでしたが、大きなワシが来ると教えてくれました。大きな鳥が入ったしげみを覗いてみるとイヌワシでした。距離はとても近かったです。

20130504-2.jpg

日本で見られるワシタカの中では最も黒く見えます。しかし羽色の評価は褐色で、純白や黒帯の羽が高級とされるの対して一段低い羽色と見られました。そのため下級を表す「犬」の鷲と名付けられたという説があります。首から肩が黄金色で英名のもとになっています。

20130504-3.jpg

現在の漢字名「狗鷲」の狗は天狗のように自由に飛び回るという意味が込められているようです。飛行は雄大で、滑空と帆翔を行いますが、樹木にさえぎられて飛翔姿は観察・撮影できませんでした。

20130504-4.jpg

キゴシタイヨウチョウ(Crimson Sunbird:黄腰太陽鳥)です。

スズメ目タイヨウチョウ科の鳥で、全長約14CMです。インドから東南アジアにかけて広く分布しています。背中から胸元にかけて真っ赤な色で印象的です。

地元の方から早朝(日の出前)にヘリコニアの花の咲いている公園で見られると教えていただき5時起きで早朝撮影でした。夜明け直後から時々登場してくれました。極めて慎重な鳥と聞いていましたが、狭い道路一つへだてただけの近距離に出てきました。20121216-1.jpg

ハチドリと似た行動をとります。下に曲がった嘴を花に差し込んで花蜜を吸います。ホバリングしながら吸うこともあるそうです。20121216-2.jpg

嘴の中には細く長い舌あり、それを使って花の蜜をからめとるようです。20121216-3.jpg

早朝の短時間ですが綺麗な鳥を間近で見ることができました。

 

 

 

20121028-1.jpg

ズキンガラス(Hooded Crow:頭巾鴉)です。ハイイロガラス(灰色鴉)とも呼ばれます。
カラスの仲間で、全長約50cmです。
ロシアから東ヨーロッパと北ヨーロッパにかけて分布しています。今回訪問したモスクワとウイーンの両方で見られました。

灰色の体に濃紺(光の具合によっては黒色)の頭と青い翼がきれいです。

カケスのように木の実を蓄える性質があります。前回見たときは木の実をくわえて飛んでいましたが、今回は虫をくわえていたようです。

コウライアイサ(Scaly-sided Merganser:高麗秋沙)です。
カモ目カモ科の鳥で、全長52-62cmです。
ロシア東部のから韓国、中国東部に分布し、日本にも冬にまれに飛来します。
絶滅が危惧されている希少種です。
7年ほど前に韓国に行った時にコウライアイサという綺麗な鳥がいると言うことを知り、それ以来韓国と日本で何回か探しましたが、なかなか会うことができず今年やっと見ることができました。

20111121-1.jpgコウライアイサ♂が来ているという川を早朝に訪れました。
堤防の上を車を走らせながら川の中の鳥を探します。
100mくらい先の川の中にカルガモなどのカモの群が見え。その中に白黒の少し色合いの異なるものが見えました。
肉眼では鳥か岩かもわかりません。
車を止めてカメラの望遠レンズで覗いてみました。
草のかげということもあり、はっきりわかりませんがどうやら頭が黒く、体が白い鳥のようです。

 

 

20111121-2.jpg河原におりて岩陰から近付いてみるとぼさぼさの後ろ髪に緑がかった黒い頭の鳥、間違いなくコウライアイサです。
距離はかなりありますが特徴ははっきり確認できました。
7年越しのコウライアイサとの出合いで体が震える思いでした。

 

 

20111121-3.jpgコウライアイサ♂が川の下流に向かって飛びたちました。
対応が遅れてしまい、後ろ姿を数枚取るのがやっとでした。しかし河原のすすきがかぶっていて少しぼけて茶色くなってしまっています。

 

 

20111121-4.jpg飛んで戻ってきた時はほぼ真横からの姿を撮ることができました。

 

 

20111121-5.jpgコウライアイサはその後少し川幅の狭いところに移動したので比較的近くから見ることができました。
♂の生殖羽は頭部が緑色光沢のある黒色で、頭頂から後頭に細長い羽が非常に長くのびた冠羽があって目立ちます。
胸から下面は白色で、脇には灰黒色のうろこ模様がありとても綺麗です。

 

 

20111121-6.jpgコウライアイサ♂が岸に上がったので足も含めて全身の姿を見ることができました。
この時期はカワアイサの♀と一緒に行動していました。
そのカワアイサ♀とのツーショットです。

 

 

20111121-7.jpgしばらくカワアイサ♀と一緒に泳いだり、魚を捕って食べたりしていました。魚を咥えた瞬間です。

 

 

20111121-8.jpg少し暗くなってきたころ、カワアイサ♀と共に飛びたちました。最初は水面を走るような感じでした。

 

 

20111121-9.jpgその後、水面に近いところを飛んで川の上流に移動していきました。おそらく塒に戻っていったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

快鳥画集第1番のアオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。
ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約28cmです。

中東から中国南部、インドシナ、フィリピンに分布しています。
この画像はシンガポールで撮ったものですが、ランカウイ島でも見ています。

海水・淡水の水辺に生息し、昆虫類などを捉えて枝や石に強く打ちつけて殺してから食べます。

背中の青色が目立ちますが、英名の通り喉の白さも特徴です。
アオショウビンとも呼ばれます。

20101202.jpg

 

 

 

 

 

アカショウビン(Ruddy Kingfisher:赤翡翠)です。
アカショウビンは梅雨の季節によく鳴き雨を呼ぶといわれて、水恋鳥、雨恋鳥などとも呼ばれます。
今年も梅雨の季節に比較的近くで見通しのよいところで観察できました。

20090630-1.jpg

 

真っ赤な色と「キュロロロロー」といった感じの笛のような鳴き声が印象的な鳥です。
これまでにも鳴き声は何回か聞いていますが、望遠レンズを通して見ているときに鳴いたのは初めてでした。
鳴いている瞬間の姿をカメラに収めることができました。

20090630-2.jpg

 

飛び出しの瞬間です。

20090630-3.jpg

 

 

 

 

ルリノジコ(Indigo Bunting:瑠璃野路子)です。
スズメ目ショウジョウコウカンチョウ科の鳥で全長約14cmです。
アメリカには私の好きな「青い鳥」が10種以上もいます。
その中でも全身が濃い青色で綺麗なのがこのルリノジコで、長いことあいたいと思っていた鳥です。
今回初めて見ることができました。残念なことに野鳥撮影に利用している500mmズームレンズが使えなくて、200mmズームでの撮影になってしまいました。撮影機会もワンチャンスだけでした。
英名のインディゴは藍い染料で、この鳥の体の色がその染料に似ているところから、この名がつけられています。

c20090612-1.jpg

 

 

 

 

カワセミ(Common Kingfisher:翡翠)の飛翔です。
ヤマセミを撮りにいって待っている間に、カワセミが何回か出てきて付き合ってくれました。河原の石を渡りあるきながら餌を探して捕っていました。飛び出し方向の予測があたるとなんとか追うことができますが、はずれるとアウトです。なんとかフレームに入った一枚。

c20090521-1.jpg

 

カワセミが魚をくわえて飛んでいくところです。♀の単独行動でしたので、これ以上の発展は望めませんでした。ヤマセミのこんな姿も撮ってみたかったのですが。

c20090521-2.jpg

 

 

 

 

ヤマセミ(Greater Pied Kingfisher:山翡翠)の飛び出しです。

ヤマセミが止まっている枝から飛び出しました。画面の右下に向かって飛び出しそうな姿勢でした。飛び出した瞬間はその方向でしたが、直後に体を大きくひねって左方向に向きを変えてしまいました。予想(期待)と異なる行動で、十分についていくことができませんでした。あらためて、ヤマセミの翼の内側の白さが眼について印象的でした。

c20090419-1.jpg

 

 

 

 

アメリカヤマセミ(Belted Kingfisher:アメリカ山翡翠)です。

全長約33cmです。アラスカ、カナダからアメリカ南部にかけて広く分布しています。アメリカのテキサス州の一部ではミドリヤマセミなど、多少カラフルなカワセミが見られますが、大部分のアメリカ合衆国ではカワセミの仲間(ブッポウソウ目カワセミ科の鳥)としては比較的地味なはこの鳥だけです。上面は灰青色に細かい白斑があり、頸から後頸に幅広い白帯があります。下面は全体には白色で、首の下に灰青色の帯があり、英名の元になっています。英語名からオビムネヤマセミとも呼ばれます。

♀には腹に茶色の帯があります。画像は♀です。

c20090412-1.jpg

 

川や池、海岸の水際に生息します。高い木から直接、あるいはホバリングして水中の魚などの餌を探して飛び込んで捕って食べます。水面近くを飛翔するところは何回か見たことがありますが、まだ魚を捕った場面は見たことがありません。

c20090412-2.jpg

 

用心深い鳥であまり近くにはよってきません。画像は♂の後ろ姿です。♂♀とも冠羽のような羽毛が長くとがっています。

c20090412-3.jpg

 

 

 

 

オオミドリヤマセミ(Amazon Kingfisher:大緑山翡翠)です。

名前の通りミドリヤマセミのシリーズ(?)の中では最も大きくて、全長約26cmです。コミドリヤマセミの2倍です。上面は暗緑色でムジミドリヤマセミともいわれます。実際には濃い緑の中に小さな白い斑が混ざっています。喉と頸が白く、胸に幅広い栗色の帯があります。嘴は大きく黒色です。翼の裏側が白く、飛んでいる時に緑と白の組合せが目立ちます。コスタリカのマングローブ林の近くで見ましたが、あまり近くには寄ってきませんでした。大きな鳥なのでなんとか絵になりました。画像では白い襟巻きをしているように見えますが、翼を広げて裏側の白い部分が首のところに見えているようです。エリマキミドリヤマセミという新種発見かと思ってしまいました。

c20090408-1.jpg

 

 

 

 

コミドリヤマセミ(Pygmy Kingfisher:小緑山翡翠)です。

カワセミの仲間です。pygmyは小人の意味です。名前の通り小さなヤマセミです。全長約13cm、体重11-16gで「ヤマセミ」と名付けられたカワセミ類の中では世界最小だと思います。日本のカワセミは約17cm、ヤマセミは約38cm、世界最小のカワセミはアフリカの「コビトカワセミ」で約10cmといわれています。上面は緑色、下面は栗色、下腹と下尾筒は白色です。メキシコ南部からエクアドル西部、ブラジル南部にかけて分布しています。ジャングルの中の川や池、マングローブの茂る湿地に好んで生息します。この画像はコスタリカのマングローブ林の奥で見つけて撮ったものです。

c20090405-1.jpg

 

 

 

 

 

ミドリヤマセミ(Green Kingfisher:緑山翡翠?)です。
全長19-22cmです。小型ですが尾が比較的長いカワセミです。アメリカ南部からメキシコ、アルゼンチン、ボリビアに分布しています。川や湖沼に生息します。上面は暗緑色で、頸に白帯があり、翼には白い斑点があります。♂の胸は栗色ですが、♀には帯状の緑斑があります。飛翔時に外側尾羽の白色部が目立ちます。
コスタリカでよく見られるということで期待していましたが、訪問時に見ることができませんでした。後日テキサスにいったときに遠くまで出かけてやっと見ることができた鳥です。

c20090330-1.jpg

 

 

 

 

クビワカワセミ(Ringed Kingfisher:首輪翡翠)です。ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約41cmです。メキシコからチリにかけて分布しています。河川、湖沼に生息します。上面は青灰色、頭は濃青灰色で、眼先に小さな白い点があるのが大きな特徴です。頭には長い羽毛の冠羽があります。喉から後頸に白色帯があり、首輪のように見えて英名と和名のもとになっています。画像は♀です。

c20090328-1.jpg

 

下面は栗色で、♀の上胸には灰色の帯がありますが♂にはそれがありません。鳥にしては珍しく、♀の方がやや派手です。私はアメリカのテキサスのメキシコに近いところとコスタリカで見ましたが、色がはっきりしていて印象に残った鳥でした。和名はクビワヤマセミあるいはシロクビカワセミともいいます。画像は♂です。

c20090328-2.jpg

 

 

 

 

ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher:南洋翡翠)です。

カワセミ科の鳥で、全長23-25cmです。東南アジアからオーストラリア北部沿岸、ペルシャ湾沿岸などにかけて広く分布しています。開けた林、果樹園、マングローブ林、熱帯雨林などに生息します。カニ、エビ、小魚、昆虫などを食べます。シロアリの巣に巣穴を造り営巣します。

東南アジアで何回も見ました。やや緑味をおびた青色の翼と白い体は鮮やかで、南洋の鳥のイメージそのものです。河口近くで休んでいる時、すぐ近くを飛んで横切りました。その時には鮮やかな菅に思わず見とれていて、あとから「しまった、写真を撮っておけばよかった」と思いましたが、その後は近くを飛ぶことはありませんでした。

c20090322-1.jpg

 

 

 

 

モリショウビン(Forest Kingfisher:森翡翠)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長18-23cmです。オーストラリア北部・東部とニューギニア東部に分布しています。低地の河川、湖沼、湿地、海岸などの周囲の森林内や林縁に生息します。私たちはマングローブ林や内陸部の公園の林などで見ました。主に森林の生物を補食します。日本のカワセミやヤマセミは魚を補食しますが、世界のカワセミの仲間では水中の生き物より陸上の生き物を食べる種類の方が多いそうです。

体の頭上は濃い青色、背は濃い青で端が明るい青色、下面は白く、眼先に白斑のポイントがあります。明るいところで見ると青と白の対比が強烈で印象的でした。 20090317-1.jpg

 

 

 

 

シラオオナガカワセミ(Buff-breasted Paradaise Kingfisher:白尾尾長翡翠)(別名:シラオラケットカワセミ)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約38cmですが約半分が長い白い尾です。光沢のある青紫色の体と白く長い尾が特徴で、世界一美しいカワセミといわれています。オーストラリア東部に10月から1月にニューギニアから渡来し、アリの巣に穴をあけて巣穴として繁殖します。この鳥が飛来すると雨期が始まるといわれているそうです。和名はシラオラケットカワセミの方が一般的です。長い尾が枝にひっかかって、曲がっている面白い場面です。ISO800で1/5秒のシャッターで撮影です。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

ワライカワセミ(Laughing Kookaburra:笑翡翠)です。全長41-47cmの大きなカワセミです。

ケアンズなどのオーストラリア東部などでよく見られます。都市の公園やホテルの周りなどにいることもあります。色は地味ですが、独特の大きく派手な鳴き声が人間の高笑いの声に似ていて目立ちます。朝ねぐらに入る前に鳴くので目覚まし代わりになるそうですが、夜中にも鳴きます。郊外のホテルなどでこの鳥の鳴き声に悩まされて眠れなかったなどという話も聞きます。

およそ人間を恐れるということを知らないようで、いくらでも近寄れます。時には近すぎてフレームアウトしてしまい、こちらが下がって撮影するほどです。

c20090214-1.jpg

 

 

 

 

ズアカショウビン(Micronesian Kingfisher:頭赤翡翠)です。
全長約20cmの中型のカワセミ科の鳥です。ミクロネシアのバラオ諸島、ボナぺ島、グアム島に分布しています。森林の中や森と農地や宅地との境などに生息します。頭上と後頭は赤褐色、過眼線が黒青色、後頸は白色、背は暗青色、下面は赤褐色(♂)または白色(♀)です。グアム島の亜種は絶滅の危機に瀕しましたが人工的に保護・繁殖が進み、野生にもどされています。赤褐色の体と濃紺の翼の組合せが強烈な印象です。

20090124-1.jpg

 

 

 

 

チャバネコウハシショウビン(Brown-winged Kingfisher:茶羽広嘴翡翠)です。
バキスタン、インド、タイ、マレーシアなどに分布し、海岸付近の植物の繁茂した河川やマングローブ林に生息します。魚のほか、トカゲ、カエル、昆虫などの小動物も食べます。名前の通り赤茶色い(チョコレート色の)体が目立ちます。全体的にアカショウビンによく似ています。後の腰から尾にかけて、鮮やかな青色の羽があります。アカショウビンと同じですが、より太く明瞭です。

C20090107-1.jpg

 

 

 

 

アオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。

この画像はランカウイ島で撮影しましたが、中東から中国南部、インドシナ、フィリピンなどに広く分布しています。全長約28cmのおおきなカワセミです。
翼が濃い青色で広げた時に綺麗です。体全体は茶色です。英名の通り、喉の白さが目立ちます。アオショウビンとも呼ばれます。ランカウイ島では見る機会が多く、10mくらいの距離にも近付いてきました。

20090101-1.jpg

 

 

 

 

冬の鳥を求めて高原に行ってきました。当日は初めての積雪で、銀世界を楽しんできました。

真っ赤な小鳥や、雪の中を舞飛ぶフクロウなどを期待しましたが、期待通りにはいきませんでした。珍しいシラガホオジロもいるとのことで、もしやと思いながらホオジロを撮りまくりました。その一枚、飛び出しの瞬間です。

20081216-1.jpg

 

 

 

 

紅葉を見に行った鎌倉で、久しぶりにカワセミを撮ることができました。カワセミ自体は通勤路の途中にある川でよく見かけますが、カメラを持っていませんので眺めているだけでした。今日は紅葉の撮影が主目的でしたが、逆光で光を透かした紅葉を撮りたいと80-400mmのレンズ装着で出かけました。鎌倉八幡宮で大銀杏を撮影したあとに近くの池に行ってみると、すぐ近くにカワセミが飛んできました。その後も木の枝や建物の土台などに飛び移って美しい姿を見せてくれました。

20081206-1.jpg

 

400mmでも十分大きく撮れる距離の飛翔、なんとか数枚フレームにいれることができました。カワセミからのおもわぬプレゼントににっこりです。

20081206-2.jpg

 

 

 

 

蜂にちなんだ名前の鳥の最後はハチクマ(Oriental Honey-buzzard:蜂熊)です。ハチの幼虫をよく食べるといわれています。ジバチと呼ばれるクロスズメバチの幼虫を好んで食べます。ハチの巣やハチミツ以外にも昆虫、小型脊椎動物なども食べます。昆虫の巣などは地面を掘って捕ることもあります。

体の色は淡色型、暗色型などがあり成長段階に応じても変化します。特に幼鳥は個体によって羽色の違いが大きく、様々な色や斑をのものがいます。

日本で繁殖を終えた9月末から10月に、サシバなど他の鷹類とともに長野県白樺峠、愛知県伊良湖岬、鹿児島県佐多岬などを通って東南アジアに渡っていきます。漢字では八角鷹、蜂角鷹とも書きます。

20080923-1.jpg

ブッポウソウ目ハチクイモドキ科の鳥は羽色が緑または青のものが多く、頭上、顔、喉などに縦縞模様があります。嘴は大きく幅広く、やや下に曲がっています。中央二枚の尾羽が長く、尾の先がラケット状になっているものが多いです。中南米に分布しています。


森林の枝に止まって、尾を振り子のように振りながら獲物の来るのをじっと待って、獲物を見つけると枝から飛び立って、昆虫、クモ、トカゲなどを捕えて元の枝に戻ります。獲物を枝にたたきつけて動きを止めてから食べます。とくに蜂だけを食べるわけではないようですが、姿形や行動がアジア、アフリカ、ヨーロッパにいるハチクイ科の鳥に似ているので、ハチクイモドキなどという名前をつけられているのでしょうか。


写真はハチクイモドキ(Blue-crowned Motmot:蜂喰擬)です。全長約40cmです。頭上は美しい青色に黒色の縦斑があります。背中は緑色で、方の部分が茶褐色です。尾の中央二枚の途中の羽弁が脱落して羽軸だけになり、先がラケット状になっています。

20080909-1.jpg 

 

 

 

ハチクイ(Bee-eater:蜂喰)類はブッポウソウ目ハチクイ科の鳥でカワセミなどと近い仲間です。
ハチクイは主に昆虫を捕って食べます。その80%以上がハチで、ハチクイと呼ばれます。小型のハチクイは枝や電線などに止まっていて、昆虫が近寄ると飛び出して捕えます。大型のハチクイは飛びまわって昆虫を捕えます。

ハチを枝などにたたきつけて毒針を除去し、動きを止めてから飲み込むそうです。そういった行動が行いやすいように、嘴は細長く、先端が尖って、少し下に曲がっています。

多くは鮮やかな緑色の体で、青色・赤色・褐色・黄色・紫色などの部分があり、ポイントになっています。多くの種が黒く太い過眼線があります。

写真の鳥はチャガシラハチクイ(Chestnut-headed Bee-eater:茶頭蜂喰)です。上に述べた特徴を備えています。

20080819-1.jpg 

 

 

 

タイヨウチョウ(Sunbird:太陽鳥)は姿も行動もハチドリ(Hummingbird:蜂鳥)に似ています。タイヨウチョウはハチドリと同じようにホバリングしながら花の蜜を吸う小さな鳥です。くちばしも同じように細く長くなっています。体も金属光沢で色合いも似ています。
ハチドリは南北アメリカにしかいません。タイヨウチョウはアジア、オセアニア、アフリカに広く分布しています。タイヨウチョウ(スズメ目タイヨウチョウ科)とハチドリ(ハチドリ目ハチドリ科)はよく似ていますが、(解剖学的特徴やDNAの特徴などの)生物学的特徴は全く異なる鳥だそうです。生活環境が全く別な種を同じような姿や、機能に育てたようです。ハチドリに近いのはアマツバメで、タイヨウチョウはハチドリよりはカラスの方が近いそうです。
このように類縁が遠い生物がよく似た姿になり、よく似た行動をするように進化することを収斂進化いいますが、ハチドリとタイヨウチョウはその典型的な例です。
この鳥はキバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird:黄腹太陽鳥)です。全長約12cmの小さな鳥です。下胸から下尾筒が黄色で和名の由来になっています。上面がオリーブ褐色で英名の由来になっています。マングローブ林や海岸の薮および二次林・公園などに生息します。花を求めて飛び回り、ホバリングしながら主に花蜜を食べますが、ハチドリほどホバリングは上手ではないようです。花や枝に止まって蜜を吸うこともあるようです。

20080806-1.jpg 

 

 

 

コスタリカで観察したハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird:灰腹エメラルド蜂鳥?)です。典型的なハチドリといった印象で、良い場所で綺麗な姿を見せてくれました。

このブログ開設にあたり作成したリンクバナーにこの鳥を利用しました。HPHPトップページのメニューに載っています。

約11cmの小さな鳥ですが、ハチドリとしては平均的な大きさだと思います。上面は青銅色がかった緑色で、喉および胸は鮮緑色です。腹が灰色で和名のもとになっていると思います。上下尾筒と尾は暗赤褐色です。この角度からはわかりませんが尾の縁が青銅色です。♂♀同色のようです。ハチドリの中では、必ずしも派手な方ではありませんが、適度に派手な色と地味な色が混ざっていて好印象の姿でした。

コスタリカなどの中央アメリカおよび南アメリカ北西部の林縁部・潅木林・農園に生息しているそうです。ハチドリがたくさん集まる場所に案内して頂きました。ごらんのように細い枝の先に止まりました。ハチドリはホバリングをしながら花の蜜を吸うので有名です。いつも飛び回ったりホバリングしていて、なかなか枝に止まりません。たまには枝などに止まって休めばいいのにと思いますが、ハチドリはいつも蜜などを食べて、跳び続けていないと生命を維持できないという話を聞いたことがあります。

20080803-1.jpg

ハチドリは以前から是非見てみたいと思っていた鳥ですが、コスタリカではたくさんのハチドリに会うことができて幸せでした。

 

 

 

野鳥を中心とした動物系のブログです。観察した鳥や動物、探鳥や動物観察旅行などについて掲載します。よろしくお付き合い下さい。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • 20130504-4.jpg
  • 20130504-3.jpg
  • 20130504-2.jpg
  • 20130504-1.jpg
  • 20121216-3.jpg
  • 20121216-2.jpg
  • 20121216-1.jpg
  • 20121215-3.jpg
  • 20121215-2.jpg
  • 20121215-1.jpg

タグクラウド

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja