2008年8月アーカイブ

ハチクイ(Bee-eater:蜂喰)類はブッポウソウ目ハチクイ科の鳥でカワセミなどと近い仲間です。
ハチクイは主に昆虫を捕って食べます。その80%以上がハチで、ハチクイと呼ばれます。小型のハチクイは枝や電線などに止まっていて、昆虫が近寄ると飛び出して捕えます。大型のハチクイは飛びまわって昆虫を捕えます。

ハチを枝などにたたきつけて毒針を除去し、動きを止めてから飲み込むそうです。そういった行動が行いやすいように、嘴は細長く、先端が尖って、少し下に曲がっています。

多くは鮮やかな緑色の体で、青色・赤色・褐色・黄色・紫色などの部分があり、ポイントになっています。多くの種が黒く太い過眼線があります。

写真の鳥はチャガシラハチクイ(Chestnut-headed Bee-eater:茶頭蜂喰)です。上に述べた特徴を備えています。

20080819-1.jpg 

 

 

 

タイヨウチョウ(Sunbird:太陽鳥)は姿も行動もハチドリ(Hummingbird:蜂鳥)に似ています。タイヨウチョウはハチドリと同じようにホバリングしながら花の蜜を吸う小さな鳥です。くちばしも同じように細く長くなっています。体も金属光沢で色合いも似ています。
ハチドリは南北アメリカにしかいません。タイヨウチョウはアジア、オセアニア、アフリカに広く分布しています。タイヨウチョウ(スズメ目タイヨウチョウ科)とハチドリ(ハチドリ目ハチドリ科)はよく似ていますが、(解剖学的特徴やDNAの特徴などの)生物学的特徴は全く異なる鳥だそうです。生活環境が全く別な種を同じような姿や、機能に育てたようです。ハチドリに近いのはアマツバメで、タイヨウチョウはハチドリよりはカラスの方が近いそうです。
このように類縁が遠い生物がよく似た姿になり、よく似た行動をするように進化することを収斂進化いいますが、ハチドリとタイヨウチョウはその典型的な例です。
この鳥はキバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird:黄腹太陽鳥)です。全長約12cmの小さな鳥です。下胸から下尾筒が黄色で和名の由来になっています。上面がオリーブ褐色で英名の由来になっています。マングローブ林や海岸の薮および二次林・公園などに生息します。花を求めて飛び回り、ホバリングしながら主に花蜜を食べますが、ハチドリほどホバリングは上手ではないようです。花や枝に止まって蜜を吸うこともあるようです。

20080806-1.jpg 

 

 

 

コスタリカで観察したハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird:灰腹エメラルド蜂鳥?)です。典型的なハチドリといった印象で、良い場所で綺麗な姿を見せてくれました。

このブログ開設にあたり作成したリンクバナーにこの鳥を利用しました。HPHPトップページのメニューに載っています。

約11cmの小さな鳥ですが、ハチドリとしては平均的な大きさだと思います。上面は青銅色がかった緑色で、喉および胸は鮮緑色です。腹が灰色で和名のもとになっていると思います。上下尾筒と尾は暗赤褐色です。この角度からはわかりませんが尾の縁が青銅色です。♂♀同色のようです。ハチドリの中では、必ずしも派手な方ではありませんが、適度に派手な色と地味な色が混ざっていて好印象の姿でした。

コスタリカなどの中央アメリカおよび南アメリカ北西部の林縁部・潅木林・農園に生息しているそうです。ハチドリがたくさん集まる場所に案内して頂きました。ごらんのように細い枝の先に止まりました。ハチドリはホバリングをしながら花の蜜を吸うので有名です。いつも飛び回ったりホバリングしていて、なかなか枝に止まりません。たまには枝などに止まって休めばいいのにと思いますが、ハチドリはいつも蜜などを食べて、跳び続けていないと生命を維持できないという話を聞いたことがあります。

20080803-1.jpg

ハチドリは以前から是非見てみたいと思っていた鳥ですが、コスタリカではたくさんのハチドリに会うことができて幸せでした。

 

 

 

野鳥を中心とした動物系のブログです。観察した鳥や動物、探鳥や動物観察旅行などについて掲載します。よろしくお付き合い下さい。