ハイバラエメラルドハチドリ

| | トラックバック(0)

コスタリカで観察したハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird:灰腹エメラルド蜂鳥?)です。典型的なハチドリといった印象で、良い場所で綺麗な姿を見せてくれました。

このブログ開設にあたり作成したリンクバナーにこの鳥を利用しました。HPHPトップページのメニューに載っています。

約11cmの小さな鳥ですが、ハチドリとしては平均的な大きさだと思います。上面は青銅色がかった緑色で、喉および胸は鮮緑色です。腹が灰色で和名のもとになっていると思います。上下尾筒と尾は暗赤褐色です。この角度からはわかりませんが尾の縁が青銅色です。♂♀同色のようです。ハチドリの中では、必ずしも派手な方ではありませんが、適度に派手な色と地味な色が混ざっていて好印象の姿でした。

コスタリカなどの中央アメリカおよび南アメリカ北西部の林縁部・潅木林・農園に生息しているそうです。ハチドリがたくさん集まる場所に案内して頂きました。ごらんのように細い枝の先に止まりました。ハチドリはホバリングをしながら花の蜜を吸うので有名です。いつも飛び回ったりホバリングしていて、なかなか枝に止まりません。たまには枝などに止まって休めばいいのにと思いますが、ハチドリはいつも蜜などを食べて、跳び続けていないと生命を維持できないという話を聞いたことがあります。

20080803-1.jpg

ハチドリは以前から是非見てみたいと思っていた鳥ですが、コスタリカではたくさんのハチドリに会うことができて幸せでした。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイバラエメラルドハチドリ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/6