ハチドリとよく似たタイヨウチョウ

| | トラックバック(0)

タイヨウチョウ(Sunbird:太陽鳥)は姿も行動もハチドリ(Hummingbird:蜂鳥)に似ています。タイヨウチョウはハチドリと同じようにホバリングしながら花の蜜を吸う小さな鳥です。くちばしも同じように細く長くなっています。体も金属光沢で色合いも似ています。
ハチドリは南北アメリカにしかいません。タイヨウチョウはアジア、オセアニア、アフリカに広く分布しています。タイヨウチョウ(スズメ目タイヨウチョウ科)とハチドリ(ハチドリ目ハチドリ科)はよく似ていますが、(解剖学的特徴やDNAの特徴などの)生物学的特徴は全く異なる鳥だそうです。生活環境が全く別な種を同じような姿や、機能に育てたようです。ハチドリに近いのはアマツバメで、タイヨウチョウはハチドリよりはカラスの方が近いそうです。
このように類縁が遠い生物がよく似た姿になり、よく似た行動をするように進化することを収斂進化いいますが、ハチドリとタイヨウチョウはその典型的な例です。
この鳥はキバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird:黄腹太陽鳥)です。全長約12cmの小さな鳥です。下胸から下尾筒が黄色で和名の由来になっています。上面がオリーブ褐色で英名の由来になっています。マングローブ林や海岸の薮および二次林・公園などに生息します。花を求めて飛び回り、ホバリングしながら主に花蜜を食べますが、ハチドリほどホバリングは上手ではないようです。花や枝に止まって蜜を吸うこともあるようです。

20080806-1.jpg 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハチドリとよく似たタイヨウチョウ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/9