長い嘴のハチクイ

| | トラックバック(0)

ハチクイ(Bee-eater:蜂喰)類はブッポウソウ目ハチクイ科の鳥でカワセミなどと近い仲間です。
ハチクイは主に昆虫を捕って食べます。その80%以上がハチで、ハチクイと呼ばれます。小型のハチクイは枝や電線などに止まっていて、昆虫が近寄ると飛び出して捕えます。大型のハチクイは飛びまわって昆虫を捕えます。

ハチを枝などにたたきつけて毒針を除去し、動きを止めてから飲み込むそうです。そういった行動が行いやすいように、嘴は細長く、先端が尖って、少し下に曲がっています。

多くは鮮やかな緑色の体で、青色・赤色・褐色・黄色・紫色などの部分があり、ポイントになっています。多くの種が黒く太い過眼線があります。

写真の鳥はチャガシラハチクイ(Chestnut-headed Bee-eater:茶頭蜂喰)です。上に述べた特徴を備えています。

20080819-1.jpg 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 長い嘴のハチクイ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/13