2008年9月アーカイブ

蜂にちなんだ名前の鳥の最後はハチクマ(Oriental Honey-buzzard:蜂熊)です。ハチの幼虫をよく食べるといわれています。ジバチと呼ばれるクロスズメバチの幼虫を好んで食べます。ハチの巣やハチミツ以外にも昆虫、小型脊椎動物なども食べます。昆虫の巣などは地面を掘って捕ることもあります。

体の色は淡色型、暗色型などがあり成長段階に応じても変化します。特に幼鳥は個体によって羽色の違いが大きく、様々な色や斑をのものがいます。

日本で繁殖を終えた9月末から10月に、サシバなど他の鷹類とともに長野県白樺峠、愛知県伊良湖岬、鹿児島県佐多岬などを通って東南アジアに渡っていきます。漢字では八角鷹、蜂角鷹とも書きます。

20080923-1.jpg

ブッポウソウ目ハチクイモドキ科の鳥は羽色が緑または青のものが多く、頭上、顔、喉などに縦縞模様があります。嘴は大きく幅広く、やや下に曲がっています。中央二枚の尾羽が長く、尾の先がラケット状になっているものが多いです。中南米に分布しています。


森林の枝に止まって、尾を振り子のように振りながら獲物の来るのをじっと待って、獲物を見つけると枝から飛び立って、昆虫、クモ、トカゲなどを捕えて元の枝に戻ります。獲物を枝にたたきつけて動きを止めてから食べます。とくに蜂だけを食べるわけではないようですが、姿形や行動がアジア、アフリカ、ヨーロッパにいるハチクイ科の鳥に似ているので、ハチクイモドキなどという名前をつけられているのでしょうか。


写真はハチクイモドキ(Blue-crowned Motmot:蜂喰擬)です。全長約40cmです。頭上は美しい青色に黒色の縦斑があります。背中は緑色で、方の部分が茶褐色です。尾の中央二枚の途中の羽弁が脱落して羽軸だけになり、先がラケット状になっています。

20080909-1.jpg