二つのラケットのような尾が特徴のハチクイモドキ

| | トラックバック(0)

ブッポウソウ目ハチクイモドキ科の鳥は羽色が緑または青のものが多く、頭上、顔、喉などに縦縞模様があります。嘴は大きく幅広く、やや下に曲がっています。中央二枚の尾羽が長く、尾の先がラケット状になっているものが多いです。中南米に分布しています。


森林の枝に止まって、尾を振り子のように振りながら獲物の来るのをじっと待って、獲物を見つけると枝から飛び立って、昆虫、クモ、トカゲなどを捕えて元の枝に戻ります。獲物を枝にたたきつけて動きを止めてから食べます。とくに蜂だけを食べるわけではないようですが、姿形や行動がアジア、アフリカ、ヨーロッパにいるハチクイ科の鳥に似ているので、ハチクイモドキなどという名前をつけられているのでしょうか。


写真はハチクイモドキ(Blue-crowned Motmot:蜂喰擬)です。全長約40cmです。頭上は美しい青色に黒色の縦斑があります。背中は緑色で、方の部分が茶褐色です。尾の中央二枚の途中の羽弁が脱落して羽軸だけになり、先がラケット状になっています。

20080909-1.jpg 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 二つのラケットのような尾が特徴のハチクイモドキ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/22