蜂をよく食べるハチクマ

| | トラックバック(0)

蜂にちなんだ名前の鳥の最後はハチクマ(Oriental Honey-buzzard:蜂熊)です。ハチの幼虫をよく食べるといわれています。ジバチと呼ばれるクロスズメバチの幼虫を好んで食べます。ハチの巣やハチミツ以外にも昆虫、小型脊椎動物なども食べます。昆虫の巣などは地面を掘って捕ることもあります。

体の色は淡色型、暗色型などがあり成長段階に応じても変化します。特に幼鳥は個体によって羽色の違いが大きく、様々な色や斑をのものがいます。

日本で繁殖を終えた9月末から10月に、サシバなど他の鷹類とともに長野県白樺峠、愛知県伊良湖岬、鹿児島県佐多岬などを通って東南アジアに渡っていきます。漢字では八角鷹、蜂角鷹とも書きます。

20080923-1.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 蜂をよく食べるハチクマ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/34