2009年1月アーカイブ

ズアカショウビン(Micronesian Kingfisher:頭赤翡翠)です。
全長約20cmの中型のカワセミ科の鳥です。ミクロネシアのバラオ諸島、ボナぺ島、グアム島に分布しています。森林の中や森と農地や宅地との境などに生息します。頭上と後頭は赤褐色、過眼線が黒青色、後頸は白色、背は暗青色、下面は赤褐色(♂)または白色(♀)です。グアム島の亜種は絶滅の危機に瀕しましたが人工的に保護・繁殖が進み、野生にもどされています。赤褐色の体と濃紺の翼の組合せが強烈な印象です。

20090124-1.jpg

 

 

 

 

チャバネコウハシショウビン(Brown-winged Kingfisher:茶羽広嘴翡翠)です。
バキスタン、インド、タイ、マレーシアなどに分布し、海岸付近の植物の繁茂した河川やマングローブ林に生息します。魚のほか、トカゲ、カエル、昆虫などの小動物も食べます。名前の通り赤茶色い(チョコレート色の)体が目立ちます。全体的にアカショウビンによく似ています。後の腰から尾にかけて、鮮やかな青色の羽があります。アカショウビンと同じですが、より太く明瞭です。

C20090107-1.jpg

 

 

 

 

アオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。

この画像はランカウイ島で撮影しましたが、中東から中国南部、インドシナ、フィリピンなどに広く分布しています。全長約28cmのおおきなカワセミです。
翼が濃い青色で広げた時に綺麗です。体全体は茶色です。英名の通り、喉の白さが目立ちます。アオショウビンとも呼ばれます。ランカウイ島では見る機会が多く、10mくらいの距離にも近付いてきました。

20090101-1.jpg