2009年2月アーカイブ

ワライカワセミ(Laughing Kookaburra:笑翡翠)です。全長41-47cmの大きなカワセミです。

ケアンズなどのオーストラリア東部などでよく見られます。都市の公園やホテルの周りなどにいることもあります。色は地味ですが、独特の大きく派手な鳴き声が人間の高笑いの声に似ていて目立ちます。朝ねぐらに入る前に鳴くので目覚まし代わりになるそうですが、夜中にも鳴きます。郊外のホテルなどでこの鳥の鳴き声に悩まされて眠れなかったなどという話も聞きます。

およそ人間を恐れるということを知らないようで、いくらでも近寄れます。時には近すぎてフレームアウトしてしまい、こちらが下がって撮影するほどです。

c20090214-1.jpg