2009年3月アーカイブ

ミドリヤマセミ(Green Kingfisher:緑山翡翠?)です。
全長19-22cmです。小型ですが尾が比較的長いカワセミです。アメリカ南部からメキシコ、アルゼンチン、ボリビアに分布しています。川や湖沼に生息します。上面は暗緑色で、頸に白帯があり、翼には白い斑点があります。♂の胸は栗色ですが、♀には帯状の緑斑があります。飛翔時に外側尾羽の白色部が目立ちます。
コスタリカでよく見られるということで期待していましたが、訪問時に見ることができませんでした。後日テキサスにいったときに遠くまで出かけてやっと見ることができた鳥です。

c20090330-1.jpg

 

 

 

 

クビワカワセミ(Ringed Kingfisher:首輪翡翠)です。ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約41cmです。メキシコからチリにかけて分布しています。河川、湖沼に生息します。上面は青灰色、頭は濃青灰色で、眼先に小さな白い点があるのが大きな特徴です。頭には長い羽毛の冠羽があります。喉から後頸に白色帯があり、首輪のように見えて英名と和名のもとになっています。画像は♀です。

c20090328-1.jpg

 

下面は栗色で、♀の上胸には灰色の帯がありますが♂にはそれがありません。鳥にしては珍しく、♀の方がやや派手です。私はアメリカのテキサスのメキシコに近いところとコスタリカで見ましたが、色がはっきりしていて印象に残った鳥でした。和名はクビワヤマセミあるいはシロクビカワセミともいいます。画像は♂です。

c20090328-2.jpg

 

 

 

 

ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher:南洋翡翠)です。

カワセミ科の鳥で、全長23-25cmです。東南アジアからオーストラリア北部沿岸、ペルシャ湾沿岸などにかけて広く分布しています。開けた林、果樹園、マングローブ林、熱帯雨林などに生息します。カニ、エビ、小魚、昆虫などを食べます。シロアリの巣に巣穴を造り営巣します。

東南アジアで何回も見ました。やや緑味をおびた青色の翼と白い体は鮮やかで、南洋の鳥のイメージそのものです。河口近くで休んでいる時、すぐ近くを飛んで横切りました。その時には鮮やかな菅に思わず見とれていて、あとから「しまった、写真を撮っておけばよかった」と思いましたが、その後は近くを飛ぶことはありませんでした。

c20090322-1.jpg

 

 

 

 

モリショウビン(Forest Kingfisher:森翡翠)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長18-23cmです。オーストラリア北部・東部とニューギニア東部に分布しています。低地の河川、湖沼、湿地、海岸などの周囲の森林内や林縁に生息します。私たちはマングローブ林や内陸部の公園の林などで見ました。主に森林の生物を補食します。日本のカワセミやヤマセミは魚を補食しますが、世界のカワセミの仲間では水中の生き物より陸上の生き物を食べる種類の方が多いそうです。

体の頭上は濃い青色、背は濃い青で端が明るい青色、下面は白く、眼先に白斑のポイントがあります。明るいところで見ると青と白の対比が強烈で印象的でした。 20090317-1.jpg

 

 

 

 

シラオオナガカワセミ(Buff-breasted Paradaise Kingfisher:白尾尾長翡翠)(別名:シラオラケットカワセミ)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約38cmですが約半分が長い白い尾です。光沢のある青紫色の体と白く長い尾が特徴で、世界一美しいカワセミといわれています。オーストラリア東部に10月から1月にニューギニアから渡来し、アリの巣に穴をあけて巣穴として繁殖します。この鳥が飛来すると雨期が始まるといわれているそうです。和名はシラオラケットカワセミの方が一般的です。長い尾が枝にひっかかって、曲がっている面白い場面です。ISO800で1/5秒のシャッターで撮影です。

20090311-1.jpg