シラオオナガカワセミ(シラオラケットカワセミ)

シラオオナガカワセミ(Buff-breasted Paradaise Kingfisher:白尾尾長翡翠)(別名:シラオラケットカワセミ)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約38cmですが約半分が長い白い尾です。光沢のある青紫色の体と白く長い尾が特徴で、世界一美しいカワセミといわれています。オーストラリア東部に10月から1月にニューギニアから渡来し、アリの巣に穴をあけて巣穴として繁殖します。この鳥が飛来すると雨期が始まるといわれているそうです。和名はシラオラケットカワセミの方が一般的です。長い尾が枝にひっかかって、曲がっている面白い場面です。ISO800で1/5秒のシャッターで撮影です。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シラオオナガカワセミ(シラオラケットカワセミ)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/65

コメント(1)

Very good site! I am loving it!! Will come back again - taking your feeds also. Thanks.