クビワカワセミ

| | トラックバック(0)

クビワカワセミ(Ringed Kingfisher:首輪翡翠)です。ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約41cmです。メキシコからチリにかけて分布しています。河川、湖沼に生息します。上面は青灰色、頭は濃青灰色で、眼先に小さな白い点があるのが大きな特徴です。頭には長い羽毛の冠羽があります。喉から後頸に白色帯があり、首輪のように見えて英名と和名のもとになっています。画像は♀です。

c20090328-1.jpg

 

下面は栗色で、♀の上胸には灰色の帯がありますが♂にはそれがありません。鳥にしては珍しく、♀の方がやや派手です。私はアメリカのテキサスのメキシコに近いところとコスタリカで見ましたが、色がはっきりしていて印象に残った鳥でした。和名はクビワヤマセミあるいはシロクビカワセミともいいます。画像は♂です。

c20090328-2.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クビワカワセミ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/71