2009年4月アーカイブ

ヤマセミ(Greater Pied Kingfisher:山翡翠)の飛び出しです。

ヤマセミが止まっている枝から飛び出しました。画面の右下に向かって飛び出しそうな姿勢でした。飛び出した瞬間はその方向でしたが、直後に体を大きくひねって左方向に向きを変えてしまいました。予想(期待)と異なる行動で、十分についていくことができませんでした。あらためて、ヤマセミの翼の内側の白さが眼について印象的でした。

c20090419-1.jpg

 

 

 

 

アメリカヤマセミ(Belted Kingfisher:アメリカ山翡翠)です。

全長約33cmです。アラスカ、カナダからアメリカ南部にかけて広く分布しています。アメリカのテキサス州の一部ではミドリヤマセミなど、多少カラフルなカワセミが見られますが、大部分のアメリカ合衆国ではカワセミの仲間(ブッポウソウ目カワセミ科の鳥)としては比較的地味なはこの鳥だけです。上面は灰青色に細かい白斑があり、頸から後頸に幅広い白帯があります。下面は全体には白色で、首の下に灰青色の帯があり、英名の元になっています。英語名からオビムネヤマセミとも呼ばれます。

♀には腹に茶色の帯があります。画像は♀です。

c20090412-1.jpg

 

川や池、海岸の水際に生息します。高い木から直接、あるいはホバリングして水中の魚などの餌を探して飛び込んで捕って食べます。水面近くを飛翔するところは何回か見たことがありますが、まだ魚を捕った場面は見たことがありません。

c20090412-2.jpg

 

用心深い鳥であまり近くにはよってきません。画像は♂の後ろ姿です。♂♀とも冠羽のような羽毛が長くとがっています。

c20090412-3.jpg

 

 

 

 

オオミドリヤマセミ(Amazon Kingfisher:大緑山翡翠)です。

名前の通りミドリヤマセミのシリーズ(?)の中では最も大きくて、全長約26cmです。コミドリヤマセミの2倍です。上面は暗緑色でムジミドリヤマセミともいわれます。実際には濃い緑の中に小さな白い斑が混ざっています。喉と頸が白く、胸に幅広い栗色の帯があります。嘴は大きく黒色です。翼の裏側が白く、飛んでいる時に緑と白の組合せが目立ちます。コスタリカのマングローブ林の近くで見ましたが、あまり近くには寄ってきませんでした。大きな鳥なのでなんとか絵になりました。画像では白い襟巻きをしているように見えますが、翼を広げて裏側の白い部分が首のところに見えているようです。エリマキミドリヤマセミという新種発見かと思ってしまいました。

c20090408-1.jpg

 

 

 

 

コミドリヤマセミ(Pygmy Kingfisher:小緑山翡翠)です。

カワセミの仲間です。pygmyは小人の意味です。名前の通り小さなヤマセミです。全長約13cm、体重11-16gで「ヤマセミ」と名付けられたカワセミ類の中では世界最小だと思います。日本のカワセミは約17cm、ヤマセミは約38cm、世界最小のカワセミはアフリカの「コビトカワセミ」で約10cmといわれています。上面は緑色、下面は栗色、下腹と下尾筒は白色です。メキシコ南部からエクアドル西部、ブラジル南部にかけて分布しています。ジャングルの中の川や池、マングローブの茂る湿地に好んで生息します。この画像はコスタリカのマングローブ林の奥で見つけて撮ったものです。

c20090405-1.jpg