アメリカヤマセミ(オビムネヤマセミ)

| | トラックバック(0)

アメリカヤマセミ(Belted Kingfisher:アメリカ山翡翠)です。

全長約33cmです。アラスカ、カナダからアメリカ南部にかけて広く分布しています。アメリカのテキサス州の一部ではミドリヤマセミなど、多少カラフルなカワセミが見られますが、大部分のアメリカ合衆国ではカワセミの仲間(ブッポウソウ目カワセミ科の鳥)としては比較的地味なはこの鳥だけです。上面は灰青色に細かい白斑があり、頸から後頸に幅広い白帯があります。下面は全体には白色で、首の下に灰青色の帯があり、英名の元になっています。英語名からオビムネヤマセミとも呼ばれます。

♀には腹に茶色の帯があります。画像は♀です。

c20090412-1.jpg

 

川や池、海岸の水際に生息します。高い木から直接、あるいはホバリングして水中の魚などの餌を探して飛び込んで捕って食べます。水面近くを飛翔するところは何回か見たことがありますが、まだ魚を捕った場面は見たことがありません。

c20090412-2.jpg

 

用心深い鳥であまり近くにはよってきません。画像は♂の後ろ姿です。♂♀とも冠羽のような羽毛が長くとがっています。

c20090412-3.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アメリカヤマセミ(オビムネヤマセミ)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/79