コウライアイサ

| | トラックバック(0)

コウライアイサ(Scaly-sided Merganser:高麗秋沙)です。
カモ目カモ科の鳥で、全長52-62cmです。
ロシア東部のから韓国、中国東部に分布し、日本にも冬にまれに飛来します。
絶滅が危惧されている希少種です。
7年ほど前に韓国に行った時にコウライアイサという綺麗な鳥がいると言うことを知り、それ以来韓国と日本で何回か探しましたが、なかなか会うことができず今年やっと見ることができました。

20111121-1.jpgコウライアイサ♂が来ているという川を早朝に訪れました。
堤防の上を車を走らせながら川の中の鳥を探します。
100mくらい先の川の中にカルガモなどのカモの群が見え。その中に白黒の少し色合いの異なるものが見えました。
肉眼では鳥か岩かもわかりません。
車を止めてカメラの望遠レンズで覗いてみました。
草のかげということもあり、はっきりわかりませんがどうやら頭が黒く、体が白い鳥のようです。

 

 

20111121-2.jpg河原におりて岩陰から近付いてみるとぼさぼさの後ろ髪に緑がかった黒い頭の鳥、間違いなくコウライアイサです。
距離はかなりありますが特徴ははっきり確認できました。
7年越しのコウライアイサとの出合いで体が震える思いでした。

 

 

20111121-3.jpgコウライアイサ♂が川の下流に向かって飛びたちました。
対応が遅れてしまい、後ろ姿を数枚取るのがやっとでした。しかし河原のすすきがかぶっていて少しぼけて茶色くなってしまっています。

 

 

20111121-4.jpg飛んで戻ってきた時はほぼ真横からの姿を撮ることができました。

 

 

20111121-5.jpgコウライアイサはその後少し川幅の狭いところに移動したので比較的近くから見ることができました。
♂の生殖羽は頭部が緑色光沢のある黒色で、頭頂から後頭に細長い羽が非常に長くのびた冠羽があって目立ちます。
胸から下面は白色で、脇には灰黒色のうろこ模様がありとても綺麗です。

 

 

20111121-6.jpgコウライアイサ♂が岸に上がったので足も含めて全身の姿を見ることができました。
この時期はカワアイサの♀と一緒に行動していました。
そのカワアイサ♀とのツーショットです。

 

 

20111121-7.jpgしばらくカワアイサ♀と一緒に泳いだり、魚を捕って食べたりしていました。魚を咥えた瞬間です。

 

 

20111121-8.jpg少し暗くなってきたころ、カワアイサ♀と共に飛びたちました。最初は水面を走るような感じでした。

 

 

20111121-9.jpgその後、水面に近いところを飛んで川の上流に移動していきました。おそらく塒に戻っていったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コウライアイサ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/280