日本の鳥の最近のブログ記事

コウライアイサ(Scaly-sided Merganser:高麗秋沙)です。
カモ目カモ科の鳥で、全長52-62cmです。
ロシア東部のから韓国、中国東部に分布し、日本にも冬にまれに飛来します。
絶滅が危惧されている希少種です。
7年ほど前に韓国に行った時にコウライアイサという綺麗な鳥がいると言うことを知り、それ以来韓国と日本で何回か探しましたが、なかなか会うことができず今年やっと見ることができました。

20111121-1.jpgコウライアイサ♂が来ているという川を早朝に訪れました。
堤防の上を車を走らせながら川の中の鳥を探します。
100mくらい先の川の中にカルガモなどのカモの群が見え。その中に白黒の少し色合いの異なるものが見えました。
肉眼では鳥か岩かもわかりません。
車を止めてカメラの望遠レンズで覗いてみました。
草のかげということもあり、はっきりわかりませんがどうやら頭が黒く、体が白い鳥のようです。

 

 

20111121-2.jpg河原におりて岩陰から近付いてみるとぼさぼさの後ろ髪に緑がかった黒い頭の鳥、間違いなくコウライアイサです。
距離はかなりありますが特徴ははっきり確認できました。
7年越しのコウライアイサとの出合いで体が震える思いでした。

 

 

20111121-3.jpgコウライアイサ♂が川の下流に向かって飛びたちました。
対応が遅れてしまい、後ろ姿を数枚取るのがやっとでした。しかし河原のすすきがかぶっていて少しぼけて茶色くなってしまっています。

 

 

20111121-4.jpg飛んで戻ってきた時はほぼ真横からの姿を撮ることができました。

 

 

20111121-5.jpgコウライアイサはその後少し川幅の狭いところに移動したので比較的近くから見ることができました。
♂の生殖羽は頭部が緑色光沢のある黒色で、頭頂から後頭に細長い羽が非常に長くのびた冠羽があって目立ちます。
胸から下面は白色で、脇には灰黒色のうろこ模様がありとても綺麗です。

 

 

20111121-6.jpgコウライアイサ♂が岸に上がったので足も含めて全身の姿を見ることができました。
この時期はカワアイサの♀と一緒に行動していました。
そのカワアイサ♀とのツーショットです。

 

 

20111121-7.jpgしばらくカワアイサ♀と一緒に泳いだり、魚を捕って食べたりしていました。魚を咥えた瞬間です。

 

 

20111121-8.jpg少し暗くなってきたころ、カワアイサ♀と共に飛びたちました。最初は水面を走るような感じでした。

 

 

20111121-9.jpgその後、水面に近いところを飛んで川の上流に移動していきました。おそらく塒に戻っていったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

アカショウビン(Ruddy Kingfisher:赤翡翠)です。
アカショウビンは梅雨の季節によく鳴き雨を呼ぶといわれて、水恋鳥、雨恋鳥などとも呼ばれます。
今年も梅雨の季節に比較的近くで見通しのよいところで観察できました。

20090630-1.jpg

 

真っ赤な色と「キュロロロロー」といった感じの笛のような鳴き声が印象的な鳥です。
これまでにも鳴き声は何回か聞いていますが、望遠レンズを通して見ているときに鳴いたのは初めてでした。
鳴いている瞬間の姿をカメラに収めることができました。

20090630-2.jpg

 

飛び出しの瞬間です。

20090630-3.jpg

 

 

 

 

カワセミ(Common Kingfisher:翡翠)の飛翔です。
ヤマセミを撮りにいって待っている間に、カワセミが何回か出てきて付き合ってくれました。河原の石を渡りあるきながら餌を探して捕っていました。飛び出し方向の予測があたるとなんとか追うことができますが、はずれるとアウトです。なんとかフレームに入った一枚。

c20090521-1.jpg

 

カワセミが魚をくわえて飛んでいくところです。♀の単独行動でしたので、これ以上の発展は望めませんでした。ヤマセミのこんな姿も撮ってみたかったのですが。

c20090521-2.jpg

 

 

 

 

ヤマセミ(Greater Pied Kingfisher:山翡翠)の飛び出しです。

ヤマセミが止まっている枝から飛び出しました。画面の右下に向かって飛び出しそうな姿勢でした。飛び出した瞬間はその方向でしたが、直後に体を大きくひねって左方向に向きを変えてしまいました。予想(期待)と異なる行動で、十分についていくことができませんでした。あらためて、ヤマセミの翼の内側の白さが眼について印象的でした。

c20090419-1.jpg

 

 

 

 

冬の鳥を求めて高原に行ってきました。当日は初めての積雪で、銀世界を楽しんできました。

真っ赤な小鳥や、雪の中を舞飛ぶフクロウなどを期待しましたが、期待通りにはいきませんでした。珍しいシラガホオジロもいるとのことで、もしやと思いながらホオジロを撮りまくりました。その一枚、飛び出しの瞬間です。

20081216-1.jpg

 

 

 

 

紅葉を見に行った鎌倉で、久しぶりにカワセミを撮ることができました。カワセミ自体は通勤路の途中にある川でよく見かけますが、カメラを持っていませんので眺めているだけでした。今日は紅葉の撮影が主目的でしたが、逆光で光を透かした紅葉を撮りたいと80-400mmのレンズ装着で出かけました。鎌倉八幡宮で大銀杏を撮影したあとに近くの池に行ってみると、すぐ近くにカワセミが飛んできました。その後も木の枝や建物の土台などに飛び移って美しい姿を見せてくれました。

20081206-1.jpg

 

400mmでも十分大きく撮れる距離の飛翔、なんとか数枚フレームにいれることができました。カワセミからのおもわぬプレゼントににっこりです。

20081206-2.jpg

 

 

 

 

蜂にちなんだ名前の鳥の最後はハチクマ(Oriental Honey-buzzard:蜂熊)です。ハチの幼虫をよく食べるといわれています。ジバチと呼ばれるクロスズメバチの幼虫を好んで食べます。ハチの巣やハチミツ以外にも昆虫、小型脊椎動物なども食べます。昆虫の巣などは地面を掘って捕ることもあります。

体の色は淡色型、暗色型などがあり成長段階に応じても変化します。特に幼鳥は個体によって羽色の違いが大きく、様々な色や斑をのものがいます。

日本で繁殖を終えた9月末から10月に、サシバなど他の鷹類とともに長野県白樺峠、愛知県伊良湖岬、鹿児島県佐多岬などを通って東南アジアに渡っていきます。漢字では八角鷹、蜂角鷹とも書きます。

20080923-1.jpg