コスタリカの鳥の最近のブログ記事

オオミドリヤマセミ(Amazon Kingfisher:大緑山翡翠)です。

名前の通りミドリヤマセミのシリーズ(?)の中では最も大きくて、全長約26cmです。コミドリヤマセミの2倍です。上面は暗緑色でムジミドリヤマセミともいわれます。実際には濃い緑の中に小さな白い斑が混ざっています。喉と頸が白く、胸に幅広い栗色の帯があります。嘴は大きく黒色です。翼の裏側が白く、飛んでいる時に緑と白の組合せが目立ちます。コスタリカのマングローブ林の近くで見ましたが、あまり近くには寄ってきませんでした。大きな鳥なのでなんとか絵になりました。画像では白い襟巻きをしているように見えますが、翼を広げて裏側の白い部分が首のところに見えているようです。エリマキミドリヤマセミという新種発見かと思ってしまいました。

c20090408-1.jpg

 

 

 

 

コミドリヤマセミ(Pygmy Kingfisher:小緑山翡翠)です。

カワセミの仲間です。pygmyは小人の意味です。名前の通り小さなヤマセミです。全長約13cm、体重11-16gで「ヤマセミ」と名付けられたカワセミ類の中では世界最小だと思います。日本のカワセミは約17cm、ヤマセミは約38cm、世界最小のカワセミはアフリカの「コビトカワセミ」で約10cmといわれています。上面は緑色、下面は栗色、下腹と下尾筒は白色です。メキシコ南部からエクアドル西部、ブラジル南部にかけて分布しています。ジャングルの中の川や池、マングローブの茂る湿地に好んで生息します。この画像はコスタリカのマングローブ林の奥で見つけて撮ったものです。

c20090405-1.jpg

 

 

 

 

 

クビワカワセミ(Ringed Kingfisher:首輪翡翠)です。ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約41cmです。メキシコからチリにかけて分布しています。河川、湖沼に生息します。上面は青灰色、頭は濃青灰色で、眼先に小さな白い点があるのが大きな特徴です。頭には長い羽毛の冠羽があります。喉から後頸に白色帯があり、首輪のように見えて英名と和名のもとになっています。画像は♀です。

c20090328-1.jpg

 

下面は栗色で、♀の上胸には灰色の帯がありますが♂にはそれがありません。鳥にしては珍しく、♀の方がやや派手です。私はアメリカのテキサスのメキシコに近いところとコスタリカで見ましたが、色がはっきりしていて印象に残った鳥でした。和名はクビワヤマセミあるいはシロクビカワセミともいいます。画像は♂です。

c20090328-2.jpg

 

 

 

 

ブッポウソウ目ハチクイモドキ科の鳥は羽色が緑または青のものが多く、頭上、顔、喉などに縦縞模様があります。嘴は大きく幅広く、やや下に曲がっています。中央二枚の尾羽が長く、尾の先がラケット状になっているものが多いです。中南米に分布しています。


森林の枝に止まって、尾を振り子のように振りながら獲物の来るのをじっと待って、獲物を見つけると枝から飛び立って、昆虫、クモ、トカゲなどを捕えて元の枝に戻ります。獲物を枝にたたきつけて動きを止めてから食べます。とくに蜂だけを食べるわけではないようですが、姿形や行動がアジア、アフリカ、ヨーロッパにいるハチクイ科の鳥に似ているので、ハチクイモドキなどという名前をつけられているのでしょうか。


写真はハチクイモドキ(Blue-crowned Motmot:蜂喰擬)です。全長約40cmです。頭上は美しい青色に黒色の縦斑があります。背中は緑色で、方の部分が茶褐色です。尾の中央二枚の途中の羽弁が脱落して羽軸だけになり、先がラケット状になっています。

20080909-1.jpg 

 

 

 

コスタリカで観察したハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird:灰腹エメラルド蜂鳥?)です。典型的なハチドリといった印象で、良い場所で綺麗な姿を見せてくれました。

このブログ開設にあたり作成したリンクバナーにこの鳥を利用しました。HPHPトップページのメニューに載っています。

約11cmの小さな鳥ですが、ハチドリとしては平均的な大きさだと思います。上面は青銅色がかった緑色で、喉および胸は鮮緑色です。腹が灰色で和名のもとになっていると思います。上下尾筒と尾は暗赤褐色です。この角度からはわかりませんが尾の縁が青銅色です。♂♀同色のようです。ハチドリの中では、必ずしも派手な方ではありませんが、適度に派手な色と地味な色が混ざっていて好印象の姿でした。

コスタリカなどの中央アメリカおよび南アメリカ北西部の林縁部・潅木林・農園に生息しているそうです。ハチドリがたくさん集まる場所に案内して頂きました。ごらんのように細い枝の先に止まりました。ハチドリはホバリングをしながら花の蜜を吸うので有名です。いつも飛び回ったりホバリングしていて、なかなか枝に止まりません。たまには枝などに止まって休めばいいのにと思いますが、ハチドリはいつも蜜などを食べて、跳び続けていないと生命を維持できないという話を聞いたことがあります。

20080803-1.jpg

ハチドリは以前から是非見てみたいと思っていた鳥ですが、コスタリカではたくさんのハチドリに会うことができて幸せでした。