ランカウイの鳥の最近のブログ記事

快鳥画集第1番のアオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。
ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約28cmです。

中東から中国南部、インドシナ、フィリピンに分布しています。
この画像はシンガポールで撮ったものですが、ランカウイ島でも見ています。

海水・淡水の水辺に生息し、昆虫類などを捉えて枝や石に強く打ちつけて殺してから食べます。

背中の青色が目立ちますが、英名の通り喉の白さも特徴です。
アオショウビンとも呼ばれます。

20101202.jpg

 

 

 

 

 

チャバネコウハシショウビン(Brown-winged Kingfisher:茶羽広嘴翡翠)です。
バキスタン、インド、タイ、マレーシアなどに分布し、海岸付近の植物の繁茂した河川やマングローブ林に生息します。魚のほか、トカゲ、カエル、昆虫などの小動物も食べます。名前の通り赤茶色い(チョコレート色の)体が目立ちます。全体的にアカショウビンによく似ています。後の腰から尾にかけて、鮮やかな青色の羽があります。アカショウビンと同じですが、より太く明瞭です。

C20090107-1.jpg

 

 

 

 

アオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。

この画像はランカウイ島で撮影しましたが、中東から中国南部、インドシナ、フィリピンなどに広く分布しています。全長約28cmのおおきなカワセミです。
翼が濃い青色で広げた時に綺麗です。体全体は茶色です。英名の通り、喉の白さが目立ちます。アオショウビンとも呼ばれます。ランカウイ島では見る機会が多く、10mくらいの距離にも近付いてきました。

20090101-1.jpg

 

 

 

 

ハチクイ(Bee-eater:蜂喰)類はブッポウソウ目ハチクイ科の鳥でカワセミなどと近い仲間です。
ハチクイは主に昆虫を捕って食べます。その80%以上がハチで、ハチクイと呼ばれます。小型のハチクイは枝や電線などに止まっていて、昆虫が近寄ると飛び出して捕えます。大型のハチクイは飛びまわって昆虫を捕えます。

ハチを枝などにたたきつけて毒針を除去し、動きを止めてから飲み込むそうです。そういった行動が行いやすいように、嘴は細長く、先端が尖って、少し下に曲がっています。

多くは鮮やかな緑色の体で、青色・赤色・褐色・黄色・紫色などの部分があり、ポイントになっています。多くの種が黒く太い過眼線があります。

写真の鳥はチャガシラハチクイ(Chestnut-headed Bee-eater:茶頭蜂喰)です。上に述べた特徴を備えています。

20080819-1.jpg 

 

 

 

タイヨウチョウ(Sunbird:太陽鳥)は姿も行動もハチドリ(Hummingbird:蜂鳥)に似ています。タイヨウチョウはハチドリと同じようにホバリングしながら花の蜜を吸う小さな鳥です。くちばしも同じように細く長くなっています。体も金属光沢で色合いも似ています。
ハチドリは南北アメリカにしかいません。タイヨウチョウはアジア、オセアニア、アフリカに広く分布しています。タイヨウチョウ(スズメ目タイヨウチョウ科)とハチドリ(ハチドリ目ハチドリ科)はよく似ていますが、(解剖学的特徴やDNAの特徴などの)生物学的特徴は全く異なる鳥だそうです。生活環境が全く別な種を同じような姿や、機能に育てたようです。ハチドリに近いのはアマツバメで、タイヨウチョウはハチドリよりはカラスの方が近いそうです。
このように類縁が遠い生物がよく似た姿になり、よく似た行動をするように進化することを収斂進化いいますが、ハチドリとタイヨウチョウはその典型的な例です。
この鳥はキバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird:黄腹太陽鳥)です。全長約12cmの小さな鳥です。下胸から下尾筒が黄色で和名の由来になっています。上面がオリーブ褐色で英名の由来になっています。マングローブ林や海岸の薮および二次林・公園などに生息します。花を求めて飛び回り、ホバリングしながら主に花蜜を食べますが、ハチドリほどホバリングは上手ではないようです。花や枝に止まって蜜を吸うこともあるようです。

20080806-1.jpg