カワセミの仲間の最近のブログ記事

快鳥画集第1番のアオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。
ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約28cmです。

中東から中国南部、インドシナ、フィリピンに分布しています。
この画像はシンガポールで撮ったものですが、ランカウイ島でも見ています。

海水・淡水の水辺に生息し、昆虫類などを捉えて枝や石に強く打ちつけて殺してから食べます。

背中の青色が目立ちますが、英名の通り喉の白さも特徴です。
アオショウビンとも呼ばれます。

20101202.jpg

 

 

 

 

 

アカショウビン(Ruddy Kingfisher:赤翡翠)です。
アカショウビンは梅雨の季節によく鳴き雨を呼ぶといわれて、水恋鳥、雨恋鳥などとも呼ばれます。
今年も梅雨の季節に比較的近くで見通しのよいところで観察できました。

20090630-1.jpg

 

真っ赤な色と「キュロロロロー」といった感じの笛のような鳴き声が印象的な鳥です。
これまでにも鳴き声は何回か聞いていますが、望遠レンズを通して見ているときに鳴いたのは初めてでした。
鳴いている瞬間の姿をカメラに収めることができました。

20090630-2.jpg

 

飛び出しの瞬間です。

20090630-3.jpg

 

 

 

 

カワセミ(Common Kingfisher:翡翠)の飛翔です。
ヤマセミを撮りにいって待っている間に、カワセミが何回か出てきて付き合ってくれました。河原の石を渡りあるきながら餌を探して捕っていました。飛び出し方向の予測があたるとなんとか追うことができますが、はずれるとアウトです。なんとかフレームに入った一枚。

c20090521-1.jpg

 

カワセミが魚をくわえて飛んでいくところです。♀の単独行動でしたので、これ以上の発展は望めませんでした。ヤマセミのこんな姿も撮ってみたかったのですが。

c20090521-2.jpg

 

 

 

 

ヤマセミ(Greater Pied Kingfisher:山翡翠)の飛び出しです。

ヤマセミが止まっている枝から飛び出しました。画面の右下に向かって飛び出しそうな姿勢でした。飛び出した瞬間はその方向でしたが、直後に体を大きくひねって左方向に向きを変えてしまいました。予想(期待)と異なる行動で、十分についていくことができませんでした。あらためて、ヤマセミの翼の内側の白さが眼について印象的でした。

c20090419-1.jpg

 

 

 

 

アメリカヤマセミ(Belted Kingfisher:アメリカ山翡翠)です。

全長約33cmです。アラスカ、カナダからアメリカ南部にかけて広く分布しています。アメリカのテキサス州の一部ではミドリヤマセミなど、多少カラフルなカワセミが見られますが、大部分のアメリカ合衆国ではカワセミの仲間(ブッポウソウ目カワセミ科の鳥)としては比較的地味なはこの鳥だけです。上面は灰青色に細かい白斑があり、頸から後頸に幅広い白帯があります。下面は全体には白色で、首の下に灰青色の帯があり、英名の元になっています。英語名からオビムネヤマセミとも呼ばれます。

♀には腹に茶色の帯があります。画像は♀です。

c20090412-1.jpg

 

川や池、海岸の水際に生息します。高い木から直接、あるいはホバリングして水中の魚などの餌を探して飛び込んで捕って食べます。水面近くを飛翔するところは何回か見たことがありますが、まだ魚を捕った場面は見たことがありません。

c20090412-2.jpg

 

用心深い鳥であまり近くにはよってきません。画像は♂の後ろ姿です。♂♀とも冠羽のような羽毛が長くとがっています。

c20090412-3.jpg

 

 

 

 

オオミドリヤマセミ(Amazon Kingfisher:大緑山翡翠)です。

名前の通りミドリヤマセミのシリーズ(?)の中では最も大きくて、全長約26cmです。コミドリヤマセミの2倍です。上面は暗緑色でムジミドリヤマセミともいわれます。実際には濃い緑の中に小さな白い斑が混ざっています。喉と頸が白く、胸に幅広い栗色の帯があります。嘴は大きく黒色です。翼の裏側が白く、飛んでいる時に緑と白の組合せが目立ちます。コスタリカのマングローブ林の近くで見ましたが、あまり近くには寄ってきませんでした。大きな鳥なのでなんとか絵になりました。画像では白い襟巻きをしているように見えますが、翼を広げて裏側の白い部分が首のところに見えているようです。エリマキミドリヤマセミという新種発見かと思ってしまいました。

c20090408-1.jpg

 

 

 

 

コミドリヤマセミ(Pygmy Kingfisher:小緑山翡翠)です。

カワセミの仲間です。pygmyは小人の意味です。名前の通り小さなヤマセミです。全長約13cm、体重11-16gで「ヤマセミ」と名付けられたカワセミ類の中では世界最小だと思います。日本のカワセミは約17cm、ヤマセミは約38cm、世界最小のカワセミはアフリカの「コビトカワセミ」で約10cmといわれています。上面は緑色、下面は栗色、下腹と下尾筒は白色です。メキシコ南部からエクアドル西部、ブラジル南部にかけて分布しています。ジャングルの中の川や池、マングローブの茂る湿地に好んで生息します。この画像はコスタリカのマングローブ林の奥で見つけて撮ったものです。

c20090405-1.jpg

 

 

 

 

 

ミドリヤマセミ(Green Kingfisher:緑山翡翠?)です。
全長19-22cmです。小型ですが尾が比較的長いカワセミです。アメリカ南部からメキシコ、アルゼンチン、ボリビアに分布しています。川や湖沼に生息します。上面は暗緑色で、頸に白帯があり、翼には白い斑点があります。♂の胸は栗色ですが、♀には帯状の緑斑があります。飛翔時に外側尾羽の白色部が目立ちます。
コスタリカでよく見られるということで期待していましたが、訪問時に見ることができませんでした。後日テキサスにいったときに遠くまで出かけてやっと見ることができた鳥です。

c20090330-1.jpg

 

 

 

 

クビワカワセミ(Ringed Kingfisher:首輪翡翠)です。ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約41cmです。メキシコからチリにかけて分布しています。河川、湖沼に生息します。上面は青灰色、頭は濃青灰色で、眼先に小さな白い点があるのが大きな特徴です。頭には長い羽毛の冠羽があります。喉から後頸に白色帯があり、首輪のように見えて英名と和名のもとになっています。画像は♀です。

c20090328-1.jpg

 

下面は栗色で、♀の上胸には灰色の帯がありますが♂にはそれがありません。鳥にしては珍しく、♀の方がやや派手です。私はアメリカのテキサスのメキシコに近いところとコスタリカで見ましたが、色がはっきりしていて印象に残った鳥でした。和名はクビワヤマセミあるいはシロクビカワセミともいいます。画像は♂です。

c20090328-2.jpg

 

 

 

 

ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher:南洋翡翠)です。

カワセミ科の鳥で、全長23-25cmです。東南アジアからオーストラリア北部沿岸、ペルシャ湾沿岸などにかけて広く分布しています。開けた林、果樹園、マングローブ林、熱帯雨林などに生息します。カニ、エビ、小魚、昆虫などを食べます。シロアリの巣に巣穴を造り営巣します。

東南アジアで何回も見ました。やや緑味をおびた青色の翼と白い体は鮮やかで、南洋の鳥のイメージそのものです。河口近くで休んでいる時、すぐ近くを飛んで横切りました。その時には鮮やかな菅に思わず見とれていて、あとから「しまった、写真を撮っておけばよかった」と思いましたが、その後は近くを飛ぶことはありませんでした。

c20090322-1.jpg

 

 

 

 

モリショウビン(Forest Kingfisher:森翡翠)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長18-23cmです。オーストラリア北部・東部とニューギニア東部に分布しています。低地の河川、湖沼、湿地、海岸などの周囲の森林内や林縁に生息します。私たちはマングローブ林や内陸部の公園の林などで見ました。主に森林の生物を補食します。日本のカワセミやヤマセミは魚を補食しますが、世界のカワセミの仲間では水中の生き物より陸上の生き物を食べる種類の方が多いそうです。

体の頭上は濃い青色、背は濃い青で端が明るい青色、下面は白く、眼先に白斑のポイントがあります。明るいところで見ると青と白の対比が強烈で印象的でした。 20090317-1.jpg

 

 

 

 

シラオオナガカワセミ(Buff-breasted Paradaise Kingfisher:白尾尾長翡翠)(別名:シラオラケットカワセミ)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約38cmですが約半分が長い白い尾です。光沢のある青紫色の体と白く長い尾が特徴で、世界一美しいカワセミといわれています。オーストラリア東部に10月から1月にニューギニアから渡来し、アリの巣に穴をあけて巣穴として繁殖します。この鳥が飛来すると雨期が始まるといわれているそうです。和名はシラオラケットカワセミの方が一般的です。長い尾が枝にひっかかって、曲がっている面白い場面です。ISO800で1/5秒のシャッターで撮影です。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

ワライカワセミ(Laughing Kookaburra:笑翡翠)です。全長41-47cmの大きなカワセミです。

ケアンズなどのオーストラリア東部などでよく見られます。都市の公園やホテルの周りなどにいることもあります。色は地味ですが、独特の大きく派手な鳴き声が人間の高笑いの声に似ていて目立ちます。朝ねぐらに入る前に鳴くので目覚まし代わりになるそうですが、夜中にも鳴きます。郊外のホテルなどでこの鳥の鳴き声に悩まされて眠れなかったなどという話も聞きます。

およそ人間を恐れるということを知らないようで、いくらでも近寄れます。時には近すぎてフレームアウトしてしまい、こちらが下がって撮影するほどです。

c20090214-1.jpg

 

 

 

 

ズアカショウビン(Micronesian Kingfisher:頭赤翡翠)です。
全長約20cmの中型のカワセミ科の鳥です。ミクロネシアのバラオ諸島、ボナぺ島、グアム島に分布しています。森林の中や森と農地や宅地との境などに生息します。頭上と後頭は赤褐色、過眼線が黒青色、後頸は白色、背は暗青色、下面は赤褐色(♂)または白色(♀)です。グアム島の亜種は絶滅の危機に瀕しましたが人工的に保護・繁殖が進み、野生にもどされています。赤褐色の体と濃紺の翼の組合せが強烈な印象です。

20090124-1.jpg

 

 

 

 

チャバネコウハシショウビン(Brown-winged Kingfisher:茶羽広嘴翡翠)です。
バキスタン、インド、タイ、マレーシアなどに分布し、海岸付近の植物の繁茂した河川やマングローブ林に生息します。魚のほか、トカゲ、カエル、昆虫などの小動物も食べます。名前の通り赤茶色い(チョコレート色の)体が目立ちます。全体的にアカショウビンによく似ています。後の腰から尾にかけて、鮮やかな青色の羽があります。アカショウビンと同じですが、より太く明瞭です。

C20090107-1.jpg

 

 

 

 

アオカワセミ(White-throated Kingfisher:青翡翠)です。

この画像はランカウイ島で撮影しましたが、中東から中国南部、インドシナ、フィリピンなどに広く分布しています。全長約28cmのおおきなカワセミです。
翼が濃い青色で広げた時に綺麗です。体全体は茶色です。英名の通り、喉の白さが目立ちます。アオショウビンとも呼ばれます。ランカウイ島では見る機会が多く、10mくらいの距離にも近付いてきました。

20090101-1.jpg

 

 

 

 

紅葉を見に行った鎌倉で、久しぶりにカワセミを撮ることができました。カワセミ自体は通勤路の途中にある川でよく見かけますが、カメラを持っていませんので眺めているだけでした。今日は紅葉の撮影が主目的でしたが、逆光で光を透かした紅葉を撮りたいと80-400mmのレンズ装着で出かけました。鎌倉八幡宮で大銀杏を撮影したあとに近くの池に行ってみると、すぐ近くにカワセミが飛んできました。その後も木の枝や建物の土台などに飛び移って美しい姿を見せてくれました。

20081206-1.jpg

 

400mmでも十分大きく撮れる距離の飛翔、なんとか数枚フレームにいれることができました。カワセミからのおもわぬプレゼントににっこりです。

20081206-2.jpg