オーストラリアの鳥の最近のブログ記事

ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher:南洋翡翠)です。

カワセミ科の鳥で、全長23-25cmです。東南アジアからオーストラリア北部沿岸、ペルシャ湾沿岸などにかけて広く分布しています。開けた林、果樹園、マングローブ林、熱帯雨林などに生息します。カニ、エビ、小魚、昆虫などを食べます。シロアリの巣に巣穴を造り営巣します。

東南アジアで何回も見ました。やや緑味をおびた青色の翼と白い体は鮮やかで、南洋の鳥のイメージそのものです。河口近くで休んでいる時、すぐ近くを飛んで横切りました。その時には鮮やかな菅に思わず見とれていて、あとから「しまった、写真を撮っておけばよかった」と思いましたが、その後は近くを飛ぶことはありませんでした。

c20090322-1.jpg

 

 

 

 

モリショウビン(Forest Kingfisher:森翡翠)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長18-23cmです。オーストラリア北部・東部とニューギニア東部に分布しています。低地の河川、湖沼、湿地、海岸などの周囲の森林内や林縁に生息します。私たちはマングローブ林や内陸部の公園の林などで見ました。主に森林の生物を補食します。日本のカワセミやヤマセミは魚を補食しますが、世界のカワセミの仲間では水中の生き物より陸上の生き物を食べる種類の方が多いそうです。

体の頭上は濃い青色、背は濃い青で端が明るい青色、下面は白く、眼先に白斑のポイントがあります。明るいところで見ると青と白の対比が強烈で印象的でした。 20090317-1.jpg

 

 

 

 

シラオオナガカワセミ(Buff-breasted Paradaise Kingfisher:白尾尾長翡翠)(別名:シラオラケットカワセミ)です。

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥で、全長約38cmですが約半分が長い白い尾です。光沢のある青紫色の体と白く長い尾が特徴で、世界一美しいカワセミといわれています。オーストラリア東部に10月から1月にニューギニアから渡来し、アリの巣に穴をあけて巣穴として繁殖します。この鳥が飛来すると雨期が始まるといわれているそうです。和名はシラオラケットカワセミの方が一般的です。長い尾が枝にひっかかって、曲がっている面白い場面です。ISO800で1/5秒のシャッターで撮影です。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

ワライカワセミ(Laughing Kookaburra:笑翡翠)です。全長41-47cmの大きなカワセミです。

ケアンズなどのオーストラリア東部などでよく見られます。都市の公園やホテルの周りなどにいることもあります。色は地味ですが、独特の大きく派手な鳴き声が人間の高笑いの声に似ていて目立ちます。朝ねぐらに入る前に鳴くので目覚まし代わりになるそうですが、夜中にも鳴きます。郊外のホテルなどでこの鳥の鳴き声に悩まされて眠れなかったなどという話も聞きます。

およそ人間を恐れるということを知らないようで、いくらでも近寄れます。時には近すぎてフレームアウトしてしまい、こちらが下がって撮影するほどです。

c20090214-1.jpg

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオーストラリアの鳥カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアメリカの鳥です。

次のカテゴリはカワセミの仲間です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年3月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja