アメリカの鳥の最近のブログ記事

イヌワシ(Golden Eagle:狗鷲)です。タカ目タカ科の鳥で、♂の全長約80cm、翼開張(翼開長)170-213cmです。アフリカ北部からユーラシア、アジア、北アメリカに広く分布しています。平原から山地に生息します。日本では高地、高山で見られます。

20130504-1.jpg

アメリカ合衆国では各地で見られますが、西海岸の方が良く見られます。今回は西海岸側のワシントン州の樹木公園で見ました。樹木公園のインフォメーション・センタで最近見られる鳥を尋ねたら、まだもう少し暑くならないと鳥は少ないとのことでしたが、大きなワシが来ると教えてくれました。大きな鳥が入ったしげみを覗いてみるとイヌワシでした。距離はとても近かったです。

20130504-2.jpg

日本で見られるワシタカの中では最も黒く見えます。しかし羽色の評価は褐色で、純白や黒帯の羽が高級とされるの対して一段低い羽色と見られました。そのため下級を表す「犬」の鷲と名付けられたという説があります。首から肩が黄金色で英名のもとになっています。

20130504-3.jpg

現在の漢字名「狗鷲」の狗は天狗のように自由に飛び回るという意味が込められているようです。飛行は雄大で、滑空と帆翔を行いますが、樹木にさえぎられて飛翔姿は観察・撮影できませんでした。

20130504-4.jpg

ルリノジコ(Indigo Bunting:瑠璃野路子)です。
スズメ目ショウジョウコウカンチョウ科の鳥で全長約14cmです。
アメリカには私の好きな「青い鳥」が10種以上もいます。
その中でも全身が濃い青色で綺麗なのがこのルリノジコで、長いことあいたいと思っていた鳥です。
今回初めて見ることができました。残念なことに野鳥撮影に利用している500mmズームレンズが使えなくて、200mmズームでの撮影になってしまいました。撮影機会もワンチャンスだけでした。
英名のインディゴは藍い染料で、この鳥の体の色がその染料に似ているところから、この名がつけられています。

c20090612-1.jpg

 

 

 

 

アメリカヤマセミ(Belted Kingfisher:アメリカ山翡翠)です。

全長約33cmです。アラスカ、カナダからアメリカ南部にかけて広く分布しています。アメリカのテキサス州の一部ではミドリヤマセミなど、多少カラフルなカワセミが見られますが、大部分のアメリカ合衆国ではカワセミの仲間(ブッポウソウ目カワセミ科の鳥)としては比較的地味なはこの鳥だけです。上面は灰青色に細かい白斑があり、頸から後頸に幅広い白帯があります。下面は全体には白色で、首の下に灰青色の帯があり、英名の元になっています。英語名からオビムネヤマセミとも呼ばれます。

♀には腹に茶色の帯があります。画像は♀です。

c20090412-1.jpg

 

川や池、海岸の水際に生息します。高い木から直接、あるいはホバリングして水中の魚などの餌を探して飛び込んで捕って食べます。水面近くを飛翔するところは何回か見たことがありますが、まだ魚を捕った場面は見たことがありません。

c20090412-2.jpg

 

用心深い鳥であまり近くにはよってきません。画像は♂の後ろ姿です。♂♀とも冠羽のような羽毛が長くとがっています。

c20090412-3.jpg

 

 

 

 

ミドリヤマセミ(Green Kingfisher:緑山翡翠?)です。
全長19-22cmです。小型ですが尾が比較的長いカワセミです。アメリカ南部からメキシコ、アルゼンチン、ボリビアに分布しています。川や湖沼に生息します。上面は暗緑色で、頸に白帯があり、翼には白い斑点があります。♂の胸は栗色ですが、♀には帯状の緑斑があります。飛翔時に外側尾羽の白色部が目立ちます。
コスタリカでよく見られるということで期待していましたが、訪問時に見ることができませんでした。後日テキサスにいったときに遠くまで出かけてやっと見ることができた鳥です。

c20090330-1.jpg