東南アジアの鳥の最近のブログ記事

キゴシタイヨウチョウ(Crimson Sunbird:黄腰太陽鳥)です。

スズメ目タイヨウチョウ科の鳥で、全長約14CMです。インドから東南アジアにかけて広く分布しています。背中から胸元にかけて真っ赤な色で印象的です。

地元の方から早朝(日の出前)にヘリコニアの花の咲いている公園で見られると教えていただき5時起きで早朝撮影でした。夜明け直後から時々登場してくれました。極めて慎重な鳥と聞いていましたが、狭い道路一つへだてただけの近距離に出てきました。20121216-1.jpg

ハチドリと似た行動をとります。下に曲がった嘴を花に差し込んで花蜜を吸います。ホバリングしながら吸うこともあるそうです。20121216-2.jpg

嘴の中には細く長い舌あり、それを使って花の蜜をからめとるようです。20121216-3.jpg

早朝の短時間ですが綺麗な鳥を間近で見ることができました。

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東南アジアの鳥カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日本の鳥です。

次のカテゴリは海外の鳥です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2012年12月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja