猛禽類の最近のブログ記事

イヌワシ(Golden Eagle:狗鷲)です。タカ目タカ科の鳥で、♂の全長約80cm、翼開張(翼開長)170-213cmです。アフリカ北部からユーラシア、アジア、北アメリカに広く分布しています。平原から山地に生息します。日本では高地、高山で見られます。

20130504-1.jpg

アメリカ合衆国では各地で見られますが、西海岸の方が良く見られます。今回は西海岸側のワシントン州の樹木公園で見ました。樹木公園のインフォメーション・センタで最近見られる鳥を尋ねたら、まだもう少し暑くならないと鳥は少ないとのことでしたが、大きなワシが来ると教えてくれました。大きな鳥が入ったしげみを覗いてみるとイヌワシでした。距離はとても近かったです。

20130504-2.jpg

日本で見られるワシタカの中では最も黒く見えます。しかし羽色の評価は褐色で、純白や黒帯の羽が高級とされるの対して一段低い羽色と見られました。そのため下級を表す「犬」の鷲と名付けられたという説があります。首から肩が黄金色で英名のもとになっています。

20130504-3.jpg

現在の漢字名「狗鷲」の狗は天狗のように自由に飛び回るという意味が込められているようです。飛行は雄大で、滑空と帆翔を行いますが、樹木にさえぎられて飛翔姿は観察・撮影できませんでした。

20130504-4.jpg