2008年8月アーカイブ

グランド・キャニオンで素晴らしい朝夕の景色を堪能し、次の目的地のホースシュー・ベンドに向かいます。途中でグランド・キャニオンのデザート・ビューやUS-89沿いの平原や渓谷を楽しみながらのドライブです。
ホースシュー・ベンド(Horseshoe Bend:馬蹄型の屈曲部)はコロラド川をせき止めたアメリカ第2の人造湖パウエル湖の下流にあります。名前の通り(コロラド川が)馬蹄型に大きく曲がっている大峡谷です。国道US-89沿いの駐車場から平原を15分ほど歩きます。およそ峡谷がありそうもない平原を歩き小さな丘を越えると目の前に窪地のようなところが見えてきます。手前から見ると窪地の中間に広い通路があるように見えます。

20080830-1.jpg

 

 

間違っても急いで走ってこの通路(に見えるところ)を渡ろうなど考えないで下さい。
近付いて見ると、そこには深い峡谷があり、通路のように見えたところは馬蹄型に対岸から張りだしているところです。ここもそうですが、崖っぷちにフェンスも手すりも何もありません。うっかり飛び出すと川底に向かって真っ逆さまです。ホースシュー・ベンドの峡谷の深さをネットで調べてみましたが、まだ分かっていません。どなたかご存知でしたら教えていただきたいと思います。谷底を覗いてみた感じでは数百mはありそうです。右端の川の中に小さく船が見えます。数人乗りの船です。この大きさに見える距離を想像してみると少しは感じがわかるかもしれませんが、現地で見た峡谷の深さを写真で表すのは困難です。谷底を写そうとすると、足を踏み外しそうになるくらいに身を乗り出さないとできません。さすがに立ったまま身を乗り出すと、とんでもない恐怖感です。崖っぷちに腹這いになって上半身を乗り出して、決死の思いで撮影しました。崖っぷちの撮影状況はNPHPブログ版でご覧下さい。

20080830-2.jpg

 

 

全体は一枚の写真ではなかなか表せない広大な光景です。焦点距離10mmという超広角レンズで撮影したものを掲載しますが、それでも入りきりませんでした。「馬蹄」の感じが分かるかと思います。不思議な光景は、一見の価値ありです。崖の上からのぞき込む恐怖感も是非自分でお試し下さい。世の中には面白いところがあるものだと、再認識しました。

20080830-3.jpg

 

 

 

 

日の出の時刻は5時40分頃、眠い目をこすりながらMather Pointに向かいます。昨日の夕陽のポイントほどではありませんが、ここも混んでいます。撮影に適していそうな場所には既に大勢が占めています。
少し離れた崖っぷちが目につきました。立ち入り禁止などの制約もなさそうです。余談ですがアメリカの公園などでは日本のようにフェンスや手すりがあまりなくて、こんな場所に人が入っても大丈夫かと心配になるようなところがたくさんあります。日本のように過保護にならず、自分の責任で安全な範囲を判断して利用して下さいという姿勢のようです。同じことを考える人もいるようで、一人先客がいました。そこで日の出を待ちました。
グランド・キャニオンの崖の先に陽が昇り始めたようです。東の空が赤くそまり、崖がシルエットで浮かび上がり、素晴らしい光景が広がりはじめました。

20080829-1.jpg

 

 

望遠レンズで太陽を撮影しました。少し雲がかかっています。

20080829-2.jpg

 

 

昇りはじめた太陽がダイヤモンド状態になりました。グランド・キャニオンの上のダイヤモンド、魅力的です。

20080829-3.jpg

 

 

陽が昇ると、グランド・キャニオンの渓谷のなかに朝陽が入り始めます。日に当たった部分が赤く染まり、素晴らしい色の景色が展開されます。

20080829-4.jpg

 

 

グランド・キャニオンの素晴らしい夕陽、朝陽を堪能し、次のアンテロープ・キャニオンに向かって出発です。

 

 

 

 

今回、モニュメント・バレーなどを巡る途中にグランド・キャニオンがありますが、2000年に訪れていますのでスキップしてもいいかと考えていました。
在米のいとこ夫婦からグランド・キャニオンの夕方の景色と朝の景色が素晴らしいことを教えていただき、今回のコースに組み込みました。
現地に着いて、事前に調べていた夕景のポイントが工事の関係で訪問できないことが分かりましたが、別に素晴らしいポイントがあることを聞き込み、そちらに向かうことにしました。集団ツアーの決められたコースに付いていくのではなく、レンタカーを自分たちで運転して、フリーに行動できるメリットが活きました。
日没の時刻を調べて、ホテルから数マイルの距離のYavapai Pointに向かいました。アメリカもサマー・バケーションのシーズンで観光客が多く、駐車場も大変混んでいましたが、偶然出ていく車があり、なんとか日が沈む時刻にポイントにたどりつくことができました。

陽が沈む時に、いい雲がかかっていて、きれいな色に焼けていました。

 

20080828-1.jpg 

 

グランド・キャニオンの雄大な景色に夕陽があたり、赤く焼けた神秘的な光景が目の前に出現しました。空と谷間で繰り広げられる色彩の競演は息をのむような、なんとも言えない光景です。グランド・キャニオンの雄大で奥深い景色を初めて見た時に、価値観というかものの見方が変わるような感激的な経験をしましたが、この夕景を見た時にはそれに劣らないほどのショックを受けました。その状況はとても表現できませんが、谷側を中心に撮影したパノラマ画像から想像してみて頂きたいと思います。

拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080828-2.jpg 

 


 

今回、テレビ映画などで懐かしい旧US-66(ルート66)を是非走ってみたいと、計画しました。
ルート66は合衆国最初の国道として1926年11月に創設されました。東のイリノイ州シカゴと西のカルフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長2,347マイル(3,755キロ)の道路はアメリカの輸送効率や経済力の発展に貢献するだけでなく、モータリゼーション、生活パターンなどのアメリカ文化の進展に貢献し、メイン・ストリート・オブ・アメリカ(The Main Street of America)とも呼ばれました。ハンバーガーなどのファストフードやドライブスルーなどもこのルート66の沿線で発展しました。

 

第2次大戦後、アメリカはドイツのアウトバーンのような道路を整備すべしと判断し、近代的な自動車専用州間高速道路(Interstate Freeway)の建設を進めました。その発展にともない、ルート66の高速輸送という基本的な機能は州間高速道路にとって代わられ、1985年に廃線になりました。
高速輸送だけではないアメリカ文化への貢献という役割が見直され、復活を望む活動が活発になりました。とくにアリゾナ州とミズーリ州でそれぞれルート66の復権を望む活動が進められました。ミズーリ州政府は1990年に州内の旧国道66号線を州の歴史的街道に指定しました。アリゾナ州は国の史跡としての指定を進めました。アリゾナの旧US-66は「旧国道66号線(Historic Route 66)」として、国指定景観街道(National Scenic Byway)になりました。

ラスベガスからグランド・キャニオンに向かってUS-93を南下し、KingmanでI-40に入り、通常はWilliamsからAZ-64(US-180)を北上してグランド・キャニオンに入ります。私たちはI-40の途中のセリグマン(Seligman)で降りてHistoric Route 66に入りました。この付近は鉄道が平行して走っており、幹線道路だったことが偲ばれます。

20080825-1.jpg

 

アリゾナのI-40が完成して、旧US-66(Route 66)が廃線となりました。最後までRoute 66が走っていたセリグマンの町はRoute 66の面影を強く残している町です。セリグマンのディルガディーロ兄弟が中心になって、Route 66の復活の活動を進めました。セリグマン付近の旧Route 66が、国の史跡としての指定を最初に受けました。セリグマンはHistoric Route 66の誕生の地と言われています。今は観光名所にもなっており、1950-60年代の雰囲気を打ち出しています。

20080825-2.jpg 

 

セリグマンのディルガディーロ兄弟の弟、ホアン・ディルガディーロさんは有名なレストラン(ハンバーガーやアイスクリームの店)Snow Capを経営しています。写真右上にディルガディーロ(Delgadillo)とSnow Capの名前が入った看板が見えます。

20080825-3.jpg 

 

店の前はガソリンスタンドの跡で、フクロウが止まっているスタンドや古い車などでディスプレイされています。このレストランで軽い昼食をとりましたが、注文してから受け取るまでの間にいろいろとギャグをとばして楽しませてくれました。

20080825-4.jpg

 

 

ディルガディーロ兄弟の兄、エンジェル・ディルガディーロさんはビジターセンター兼ギフトショップの店を経営しています。かっては理髪店だったそうです。いまも頼めば散髪してもらえるとか。店内は懐かしいロート66グッズがいっぱいでした。

20080825-5.jpg

 

 

町には随所に1960年代と思われるような古い車があふれかえっています。

20080825-6.jpg

 

 

上の写真の左端の車は映画「Cars」の中のお巡りさんの車のイメージ(下の画像)にそっくりです。

20080825-7.jpg

 

 

映画「Cars」はRoute 66を主題にしたアニメ映画です。懐かしい車や、現在のRoute 66で活躍されている人々がモデルになって登場しています。当初「Route 66」という名前で計画されたそうですが、テレビ映画の「Route 66」のリバイバルと混同されてはいけないということで名前が変更になったそうです。
セリグマンは懐かしいテレビ映画「Route 66」の主人公二人がシボレー・コルベットに乗ってジョージ・マハリスの主題歌とともに登場してきそうな雰囲気の町でした。回り道して寄ってみて、よかったと思いました。

 

Route 66の東の起点シカゴのゆかりの地については グランド・サークル巡り(9) 閑話休題 ルート66とシカゴ をご覧下さい。 

 

 

 

ラスベガスからグランド・キャニオンに行くには、国道US-93で南に下りKingmanにでて、そこから州間高速道路I-40を東に向かい、Seligmanを通ってWilliamsにでて、そこからアリゾナ州道AZ-64とUS-180を通って、南エントランスからグランド・キャニオンに入るのが一般的なコースです。私たちも基本的にこのルートを通りました。

写真はUS-93の途中で撮影したものです。4枚の写真のパノラマ合成です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。広大な丘陵地帯が広がっています。中央やや右にフーバー・ダムがあるミード湖が見えます。こんな雰囲気の場所をゆったりと走るのは気持ちのいいものです。

20080823-1.jpg 

 

 

  

ラスベガスからグランド・キャニオンに向かってUS-93号を走り始めると、ほどなくして大きな湖が見えてきます。であるミード湖(Lake Mead)が見えてきます。ここはコロラド川をせき止めて造った世界最大の人工ダム湖です。その貯水量は日本全体のダム湖の貯水量をはるかに上回り、琵琶湖のそれをも上回るそうです。

ミード湖の出口にあるのがフーバーダムで、1929年の世界大恐慌の年に就任した第31代大統領のハーバート・フーバーが中心になって、カルフォルニア、アリゾナ、ネバダなどの関係諸州が協力して計画し、1936年に完成した重力式アーチダムです。写真は展望スペースから撮影した4枚の写真をつなげたパノラマ写真です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。右の奥の見えないところには巨大な湖が広がっています。

フーバー・ダムは周辺の各州に電力を供給するだけでなく、頻繁に発生していたコロラド川の氾濫を防ぎ、建設工事がアメリカの世界大恐慌からの景気回復に貢献しました。ラスベガスはこのダムの建設作業員が大勢遊びにきてうるおい、砂漠の町に安定して電力が供給されるようになって発展したといわれています。

20080822-1.jpg 

フーバーダムの空撮画像があれば、ミード湖の大きさがわかると思い、探してみたら、ありました。2000年5月にグランド・キャニオンにいった時、往路の軽飛行機の窓から撮影したものです。ダムの上流(上のパノラマ写真の範囲)の左奥に広大な湖が広がっているのがわかります。とてつもない大きさです。

20080822-3.jpg

 

もう一つフーバー・ダムの空撮画像がありました。映画「西部開拓史(How the West was Won)」 のラストシーンです。「西部開拓史」は1962年に制作された、シネラマ劇映画第1作です。3台のカメラで撮影したフィルムを3画面をつないだスクリーンに映写するという、巨大パノラマ動画でした。ジョン・フォードを始めとする3名の監督が超豪華出演陣で作った大作です。西部開拓の歴史を描き、最後に西部の発展した姿を主に上空から見せていました。フーバー・ダムのミード湖が画像の左奥に大きく広がっていることがよく分かると思います。

  20080822-2.jpg

 

 

 

 

二日目はロサンゼルスからラスベガスに移りました。

空港でレンタカーをピックアップし、近くのショッピング・センターでアイス・チェスト(クーラーボックス)を購入して、ラスベガスのホテルに入りました。ラスベガスはグランド・サークル巡りの基点で、ここからグランド・サークル巡りのドライブを始めますが、その他に二つの目的がありました。

一つはシルクドソレイユの"O"(オー)の観賞です。空中ブランコ、高飛び込み、シンクロナズド・スイミングなどを組み合わせたようなダイナミックなショーです。ベストBuffetを受賞した店で早めに夕食をとり、ショーを楽しみました。残念ながら撮影禁止で内容を見ていただくことができませんが、時差ボケの眠さも吹き飛ぶような素晴らしいショーでした。短時間に深いプールと乾いた舞台を切り替えたりする舞台装置にも感心しました。

二つ目はベラージオの噴水ショーを見ることです。2000年にラスベガスの行ったときに、この噴水を見たくて出かけましたが、強風で中止になってしまい、残念な思いをしました。今回は8年越しの想いが通じました。写真の左側がベラージオ(ホテル)です。 

20080820-1.jpg

 

ホテル側から見るとバリスホテルのエッフェル塔などの夜景を背景に噴水のショーが見られます。ご存知のようにラスベガスには各地の有名な建造物を模した建物(自由の女神、ピラミッドなど)のミニチュア(といっても巨大ですが)を組み合わせたテーマホテルが多くあります。このエッフェル塔はその代表格で、とくに夜の照明に浮き上がる姿が美しいといわれています。噴水との組合せは素晴らしい光景でした。 Norikoさん撮影のベラージオの噴水の動画もご覧下さい。

20080820-2.jpg 

 

 

 

夏休み、夫婦でアメリカのグランド・サークル巡りをしてきました。
アメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあるPageという町(Lake Powellという世界第2の人造湖のほとり)から、150~200マイル程度の範囲に30ほどの国立・州立の公園やモニュメントがあります。この地域がグランド・キャニオンやモニュメント・バレーなどの有名な観光地が集中している「グランド・サークル」と呼ばれるエリアです。美しく壮大な大自然の中の「宝石箱」ともいわれています。

ジョン・フォードの駅馬車など多くの映画の舞台として有名なモニュメント・バレーは一度是非訪れてみたいと思っていました。調べてみるとモニュメント・バレーはグランド・サークルの一部で、近くに多くの魅力的な公園があることがわかりました。今年はグランド・サークル巡りを行おうと計画し、ロサンゼルス在住のいとこ夫婦にいろいろ助けていただき実現にこぎつけました。

先ずロサンゼルスに入り、いとこ夫婦に会い、アメリカ西海岸で最大規模の総合美術館であるLACMA(Los Angeles County Museum of Art)に案内していただきました。アメリカだけでなく、日本や世界各地の美術品が多数所蔵されている美術館です。ちょうど「The Age of Imagination」という日本美術のテーマ展示が行われていました。

20080819-1.jpg

 

 

最近日本で人気の伊藤若冲(いとう じゃくちゅう:1716~1800年)の大作も展示されていました。日本国内ではなかなか見られない作品が海外の美術館で身近に見られることがよくあります。今回もガラスや檻のない直接的展示で、じっくり観賞することができました。鳥類の絵で有名ですが、四季折々のタンチョウヅル(丹頂鶴)を描いた、大きな屏風などが展示されていました。長時間フライトの疲れも癒される素晴らしい多くの作品にゆっくりと触れることができ、明日からの旅への鋭気を養うことができました。 ロサンゼルスの一日はNPHPブログ版をご覧下さい。

20080819-2.jpg 

 

 

 

木曜日からアメリカに旅行です。
今回はユタ州とアリゾナの州にまたがる国立公園が集中していて、国立公園の宝庫」ともいわれるグランドサークルと呼ばれる地域です。
見所はたくさんありますが、大きな目標の筆はモニュメントバレーの観光です。
ジョンフォードの「駅馬車」など、多くの映画の舞台になったところです。

 

20080806-1.jpg

 

 

駅馬車で思い出すのは自動車のハンドルの位置です。
最初に気付いたのはドイツのベンツ博物館で、ベンツの初期の車を見た時です。
ドイツは車が右側通行でハンドルは左側に付いていますが、初期の車は右ハンドルだったのです。
(世界最初のガソリンエンジン自動車といわれるベンツ1号車は3輪車で運転席が中央で、ハンドルも中央でしたが。) その後フィアット、フォードなどの博物館でも確かめましたが、1900年代初頭まではほとんどの車が右ハンドルでした。


写真はフィアットの1901年のフィアットModel 8と1932年のフィアットModel508です。ハンドルの位置が右から左に移っているのがわかります。

20080806-2.jpg

 

 

招待していただいたベンツ博物館の館長に、「ドイツは昔は左側通行だったのですか?」と尋ねると、「最初から右側通行でした。馬車が右側を通行していたので、車も右側を走りました。」とのこと。そこで、最初は何故右ハンドルで、どうして左ハンドルに変わったのか意見交換しました、その場でははっきりわかりませんでした。その後、気になったのでいろいろと調べてみました。いくつかの説があるようですが、以下が私の結論です。

(1)車の前に馬車の歴史があり、初期は馬車の通行と同じ考え方で車の通行も始まった。
(2)馬車の御者は鞭を振るう必要があるが、多くの人は右利きで右手で鞭を振るう。
(3)御者が右に座ると左側の乗客に鞭があたらず、走りやすいので御者は右側に座る。
下の写真は映画「駅馬車」の一場面で、御者は右に位置しています。
もう一枚はドイツのノイシュバンシュタイン城の客運搬用の馬車ですが、今も御者は右に座っています。

 

 

 20080806-3.jpg

 

 

20080806-4.jpg

 

右に御者が座って走るのに、右側通行のほうが都合がよかった理由については2説あります。
(4a)当時は道路が貧弱なので、すれ違う時にお互いに路肩ぎりぎりに馬車をよせなければならず、路肩を確認しやすい右側を走った方がよい。
(4b)すれ違う時に鞭が相手の邪魔にならないためには、右側を走った方がよい。
いずれにしても、御者が右側に乗って、馬車は右側を走るようになった。
(5)初期の自動車は馬車と同じく運転者が右に乗って右側を走った。
(6)道路が整備されて、路肩など気にしないで走れるようになった。また、運転者は鞭を振るう必要はない。従って、右側に座らなければいけない必要はなくなった。
(7)車も道路もよくなって、高速で走行できるようになると、運転席は路肩側にあるよりも、カーブ走行や追い越し時に対向車を確認しやすいセンターライン側にあった方が安全に運転しやすい。
その結果、自動車の発達と道路の発達にともなって、運転席が左側に移った。

これはだいたい1900年代初頭です。ヨーロッパでは1910年代後半から1920年代に登場した車が左ハンドルになっています。
自動車交通の進展が早かったアメリカでは、1908年に発売になった世界で最初の量産車といわれるT型フォードがすでに左ハンドルになっていました。

 

以上は、車が右側通行する社会でのことです。

今でも車が左を通行する国が世界の1/4ほどあります。その代表が日本とイギリスです。


日本は武士がすれ違う時に刀の鞘があたってトラブルにならないようにお互いに左側をあるくようにしたといわれます。但し、すれ違いざまに抜き打ちで斬りかかられないためにはお互いに右側を歩いた方が安全であり、それが武士のマナーだったという説もあります。武士が着座するときに腰からはずした刀を右側において、相手に斬りかかる意志がないことを示すのがマナーだったことを考えると、こちらの方が理にかなっているように思いますが。


明治になって歩行者の通行方法を決めるときに武士の時代からの左側通行が採用されました。自動車についての通行規定が法律で決まったのは昭和22年ですが、それまでは車の通行につての規定がありませんでしたが、車も左側を通行する習慣だったそうです。車が増えてきて車と歩行者の安全確保には対面通行がよいということで(GHQの指導もあり)昭和24年に車はそのまま左を走り、歩行者が右を歩くようにルールが改められました。

 

イギリスも騎士の文化発祥の地で日本の武士の場合と似たような状況で(馬に乗った)騎士が左側を通行するルールが一般化していたそうです。そのため車も左側を走るようになったらしいです。私が質問した英国人も首をかしげていて、はっきりはわかりませんでしたが。

あと、馬車と舗装道路という交通体系を早い時期に作り上げた古代ローマ帝国から近い国は車が右を通行し、遠いイギリスや1967年以前のスエーデンなどが車が左を通行していたのはローマ文化の影響の少なさが影響しているかもしれません。

 

 

 

 

 韓国済州島(Jeju)の済州市から島の西部に向かって10分ほど走ったところに下り坂が上り坂に見える不思議なポイントがあります。

写真の道路の奥の方(写真の上側)の道路は上り坂に見えます。ここで車を止めてエンジンを切り、ニュートラルにすると、坂道を登るような感じに車が走り始めます。実実際にはここは下り坂で、車は坂道を下っていくわけです。

最近は観光名所になっていて来訪者が多いそうです。坂の途中で車を止めて現象を確かめたり、車から降りて道路の勾配を確かめたりしている人がいます。トケビ(あるいはトッケビと発音)の道路といわれています。トケビとは韓国語でお化けとか妖怪といった意味だそうです。道路脇の標識には漢字表記で「神秘道路」、英語表記で「Mysterious Road」と書かれています。 

道路の勾配が変化するところをサグと呼びます。ここもサグの一つです。手前の道路が急な下り坂で、奥の道路は緩やかな下り坂です。この変化のために、人間には上り坂に変わったように見えるわけです。一種の視覚の錯覚です。

日本の高速道路にもサグがあります。しかし、その勾配変化が小さいためにドライバーは上り坂に変わったことに気づかずに速度が低下してしまう車があります。後からきた車は前の車の速度が下がって車間が近付くのでブレーキを踏んだりします。するとその後の車も続々と速度を落とし、ついには渋滞が発生してしまいます。事故もなく、それほど混んでいるわけでもないのに不思議と渋滞になります。サグ渋滞と呼ばれている現象です。これも妖怪のなせるわざ?

20080803-1.jpg 

 

 

 

風景、植物、事象などの静物系のブログです。HPHPの風景版、興味版に対応するブログです、訪問した名所・景観、観賞した花、現象、イベントなどを掲載していくつもりです。よろしくお願いいたします。お付き合い下さい。