グランド・サークル巡り (8) ホースシュー・ベンド

| | トラックバック(0)

グランド・キャニオンで素晴らしい朝夕の景色を堪能し、次の目的地のホースシュー・ベンドに向かいます。途中でグランド・キャニオンのデザート・ビューやUS-89沿いの平原や渓谷を楽しみながらのドライブです。
ホースシュー・ベンド(Horseshoe Bend:馬蹄型の屈曲部)はコロラド川をせき止めたアメリカ第2の人造湖パウエル湖の下流にあります。名前の通り(コロラド川が)馬蹄型に大きく曲がっている大峡谷です。国道US-89沿いの駐車場から平原を15分ほど歩きます。およそ峡谷がありそうもない平原を歩き小さな丘を越えると目の前に窪地のようなところが見えてきます。手前から見ると窪地の中間に広い通路があるように見えます。

20080830-1.jpg

 

 

間違っても急いで走ってこの通路(に見えるところ)を渡ろうなど考えないで下さい。
近付いて見ると、そこには深い峡谷があり、通路のように見えたところは馬蹄型に対岸から張りだしているところです。ここもそうですが、崖っぷちにフェンスも手すりも何もありません。うっかり飛び出すと川底に向かって真っ逆さまです。ホースシュー・ベンドの峡谷の深さをネットで調べてみましたが、まだ分かっていません。どなたかご存知でしたら教えていただきたいと思います。谷底を覗いてみた感じでは数百mはありそうです。右端の川の中に小さく船が見えます。数人乗りの船です。この大きさに見える距離を想像してみると少しは感じがわかるかもしれませんが、現地で見た峡谷の深さを写真で表すのは困難です。谷底を写そうとすると、足を踏み外しそうになるくらいに身を乗り出さないとできません。さすがに立ったまま身を乗り出すと、とんでもない恐怖感です。崖っぷちに腹這いになって上半身を乗り出して、決死の思いで撮影しました。崖っぷちの撮影状況はNPHPブログ版でご覧下さい。

20080830-2.jpg

 

 

全体は一枚の写真ではなかなか表せない広大な光景です。焦点距離10mmという超広角レンズで撮影したものを掲載しますが、それでも入りきりませんでした。「馬蹄」の感じが分かるかと思います。不思議な光景は、一見の価値ありです。崖の上からのぞき込む恐怖感も是非自分でお試し下さい。世の中には面白いところがあるものだと、再認識しました。

20080830-3.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (8) ホースシュー・ベンド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/20