グランド・サークル巡り (1) ロサンゼルス

| | トラックバック(0)

夏休み、夫婦でアメリカのグランド・サークル巡りをしてきました。
アメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあるPageという町(Lake Powellという世界第2の人造湖のほとり)から、150~200マイル程度の範囲に30ほどの国立・州立の公園やモニュメントがあります。この地域がグランド・キャニオンやモニュメント・バレーなどの有名な観光地が集中している「グランド・サークル」と呼ばれるエリアです。美しく壮大な大自然の中の「宝石箱」ともいわれています。

ジョン・フォードの駅馬車など多くの映画の舞台として有名なモニュメント・バレーは一度是非訪れてみたいと思っていました。調べてみるとモニュメント・バレーはグランド・サークルの一部で、近くに多くの魅力的な公園があることがわかりました。今年はグランド・サークル巡りを行おうと計画し、ロサンゼルス在住のいとこ夫婦にいろいろ助けていただき実現にこぎつけました。

先ずロサンゼルスに入り、いとこ夫婦に会い、アメリカ西海岸で最大規模の総合美術館であるLACMA(Los Angeles County Museum of Art)に案内していただきました。アメリカだけでなく、日本や世界各地の美術品が多数所蔵されている美術館です。ちょうど「The Age of Imagination」という日本美術のテーマ展示が行われていました。

20080819-1.jpg

 

 

最近日本で人気の伊藤若冲(いとう じゃくちゅう:1716~1800年)の大作も展示されていました。日本国内ではなかなか見られない作品が海外の美術館で身近に見られることがよくあります。今回もガラスや檻のない直接的展示で、じっくり観賞することができました。鳥類の絵で有名ですが、四季折々のタンチョウヅル(丹頂鶴)を描いた、大きな屏風などが展示されていました。長時間フライトの疲れも癒される素晴らしい多くの作品にゆっくりと触れることができ、明日からの旅への鋭気を養うことができました。 ロサンゼルスの一日はNPHPブログ版をご覧下さい。

20080819-2.jpg 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (1) ロサンゼルス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/12