グランド・サークル巡り (3) フーバー・ダム

| | トラックバック(0)

ラスベガスからグランド・キャニオンに向かってUS-93号を走り始めると、ほどなくして大きな湖が見えてきます。であるミード湖(Lake Mead)が見えてきます。ここはコロラド川をせき止めて造った世界最大の人工ダム湖です。その貯水量は日本全体のダム湖の貯水量をはるかに上回り、琵琶湖のそれをも上回るそうです。

ミード湖の出口にあるのがフーバーダムで、1929年の世界大恐慌の年に就任した第31代大統領のハーバート・フーバーが中心になって、カルフォルニア、アリゾナ、ネバダなどの関係諸州が協力して計画し、1936年に完成した重力式アーチダムです。写真は展望スペースから撮影した4枚の写真をつなげたパノラマ写真です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。右の奥の見えないところには巨大な湖が広がっています。

フーバー・ダムは周辺の各州に電力を供給するだけでなく、頻繁に発生していたコロラド川の氾濫を防ぎ、建設工事がアメリカの世界大恐慌からの景気回復に貢献しました。ラスベガスはこのダムの建設作業員が大勢遊びにきてうるおい、砂漠の町に安定して電力が供給されるようになって発展したといわれています。

20080822-1.jpg 

フーバーダムの空撮画像があれば、ミード湖の大きさがわかると思い、探してみたら、ありました。2000年5月にグランド・キャニオンにいった時、往路の軽飛行機の窓から撮影したものです。ダムの上流(上のパノラマ写真の範囲)の左奥に広大な湖が広がっているのがわかります。とてつもない大きさです。

20080822-3.jpg

 

もう一つフーバー・ダムの空撮画像がありました。映画「西部開拓史(How the West was Won)」 のラストシーンです。「西部開拓史」は1962年に制作された、シネラマ劇映画第1作です。3台のカメラで撮影したフィルムを3画面をつないだスクリーンに映写するという、巨大パノラマ動画でした。ジョン・フォードを始めとする3名の監督が超豪華出演陣で作った大作です。西部開拓の歴史を描き、最後に西部の発展した姿を主に上空から見せていました。フーバー・ダムのミード湖が画像の左奥に大きく広がっていることがよく分かると思います。

  20080822-2.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (3) フーバー・ダム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/15