グランド・サークル巡り (5) ルート66とセリグマンの町

今回、テレビ映画などで懐かしい旧US-66(ルート66)を是非走ってみたいと、計画しました。
ルート66は合衆国最初の国道として1926年11月に創設されました。東のイリノイ州シカゴと西のカルフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長2,347マイル(3,755キロ)の道路はアメリカの輸送効率や経済力の発展に貢献するだけでなく、モータリゼーション、生活パターンなどのアメリカ文化の進展に貢献し、メイン・ストリート・オブ・アメリカ(The Main Street of America)とも呼ばれました。ハンバーガーなどのファストフードやドライブスルーなどもこのルート66の沿線で発展しました。

 

第2次大戦後、アメリカはドイツのアウトバーンのような道路を整備すべしと判断し、近代的な自動車専用州間高速道路(Interstate Freeway)の建設を進めました。その発展にともない、ルート66の高速輸送という基本的な機能は州間高速道路にとって代わられ、1985年に廃線になりました。
高速輸送だけではないアメリカ文化への貢献という役割が見直され、復活を望む活動が活発になりました。とくにアリゾナ州とミズーリ州でそれぞれルート66の復権を望む活動が進められました。ミズーリ州政府は1990年に州内の旧国道66号線を州の歴史的街道に指定しました。アリゾナ州は国の史跡としての指定を進めました。アリゾナの旧US-66は「旧国道66号線(Historic Route 66)」として、国指定景観街道(National Scenic Byway)になりました。

ラスベガスからグランド・キャニオンに向かってUS-93を南下し、KingmanでI-40に入り、通常はWilliamsからAZ-64(US-180)を北上してグランド・キャニオンに入ります。私たちはI-40の途中のセリグマン(Seligman)で降りてHistoric Route 66に入りました。この付近は鉄道が平行して走っており、幹線道路だったことが偲ばれます。

20080825-1.jpg

 

アリゾナのI-40が完成して、旧US-66(Route 66)が廃線となりました。最後までRoute 66が走っていたセリグマンの町はRoute 66の面影を強く残している町です。セリグマンのディルガディーロ兄弟が中心になって、Route 66の復活の活動を進めました。セリグマン付近の旧Route 66が、国の史跡としての指定を最初に受けました。セリグマンはHistoric Route 66の誕生の地と言われています。今は観光名所にもなっており、1950-60年代の雰囲気を打ち出しています。

20080825-2.jpg 

 

セリグマンのディルガディーロ兄弟の弟、ホアン・ディルガディーロさんは有名なレストラン(ハンバーガーやアイスクリームの店)Snow Capを経営しています。写真右上にディルガディーロ(Delgadillo)とSnow Capの名前が入った看板が見えます。

20080825-3.jpg 

 

店の前はガソリンスタンドの跡で、フクロウが止まっているスタンドや古い車などでディスプレイされています。このレストランで軽い昼食をとりましたが、注文してから受け取るまでの間にいろいろとギャグをとばして楽しませてくれました。

20080825-4.jpg

 

 

ディルガディーロ兄弟の兄、エンジェル・ディルガディーロさんはビジターセンター兼ギフトショップの店を経営しています。かっては理髪店だったそうです。いまも頼めば散髪してもらえるとか。店内は懐かしいロート66グッズがいっぱいでした。

20080825-5.jpg

 

 

町には随所に1960年代と思われるような古い車があふれかえっています。

20080825-6.jpg

 

 

上の写真の左端の車は映画「Cars」の中のお巡りさんの車のイメージ(下の画像)にそっくりです。

20080825-7.jpg

 

 

映画「Cars」はRoute 66を主題にしたアニメ映画です。懐かしい車や、現在のRoute 66で活躍されている人々がモデルになって登場しています。当初「Route 66」という名前で計画されたそうですが、テレビ映画の「Route 66」のリバイバルと混同されてはいけないということで名前が変更になったそうです。
セリグマンは懐かしいテレビ映画「Route 66」の主人公二人がシボレー・コルベットに乗ってジョージ・マハリスの主題歌とともに登場してきそうな雰囲気の町でした。回り道して寄ってみて、よかったと思いました。

 

Route 66の東の起点シカゴのゆかりの地については グランド・サークル巡り(9) 閑話休題 ルート66とシカゴ をご覧下さい。 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (5) ルート66とセリグマンの町

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/17

コメント(2)

はじめまして。
思い出して、「ルート66」で検索しましたところ、こちらのブログを見つけました。
なんか、世界各地を飛び回って、しかも、そのブログも、写真がシネマスコープ並のそれで、驚きました。
「快鳥」のそれもあるんですね。ピントもばっちし、ですね。
このたび、メールを送るのは、貴方の撮られた、セリグマンの地の看板の写真を、使用掲載させていただきたく、その依頼の為です。
よろしかったら、ご許可お願いします。
多忙中だと、おもわれますので、回答無きは許可、と手前味噌の判断をさせてください。 Hosaka様
           海風印種人
  2011.8.13
もし不許可の節は、その旨メールにてご返送ください。すぐさま、削除いたします。

海風印種人様
管理人のKAICHOです。
ルート66とセリグマンの街を訪問頂きありがとうございます。
ご依頼の写真の件、メールをお送りしましたので、そちらを
ご覧下さい。

Route 66の東の起点シカゴのゆかりの地について
グランド・サークル巡り(9)閑話休題 ルート66とシカゴ
に掲載しています。よろしければご覧下さい。