グランド・サークル巡り (6) グランド・キャニオンの夕景

今回、モニュメント・バレーなどを巡る途中にグランド・キャニオンがありますが、2000年に訪れていますのでスキップしてもいいかと考えていました。
在米のいとこ夫婦からグランド・キャニオンの夕方の景色と朝の景色が素晴らしいことを教えていただき、今回のコースに組み込みました。
現地に着いて、事前に調べていた夕景のポイントが工事の関係で訪問できないことが分かりましたが、別に素晴らしいポイントがあることを聞き込み、そちらに向かうことにしました。集団ツアーの決められたコースに付いていくのではなく、レンタカーを自分たちで運転して、フリーに行動できるメリットが活きました。
日没の時刻を調べて、ホテルから数マイルの距離のYavapai Pointに向かいました。アメリカもサマー・バケーションのシーズンで観光客が多く、駐車場も大変混んでいましたが、偶然出ていく車があり、なんとか日が沈む時刻にポイントにたどりつくことができました。

陽が沈む時に、いい雲がかかっていて、きれいな色に焼けていました。

 

20080828-1.jpg 

 

グランド・キャニオンの雄大な景色に夕陽があたり、赤く焼けた神秘的な光景が目の前に出現しました。空と谷間で繰り広げられる色彩の競演は息をのむような、なんとも言えない光景です。グランド・キャニオンの雄大で奥深い景色を初めて見た時に、価値観というかものの見方が変わるような感激的な経験をしましたが、この夕景を見た時にはそれに劣らないほどのショックを受けました。その状況はとても表現できませんが、谷側を中心に撮影したパノラマ画像から想像してみて頂きたいと思います。

拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080828-2.jpg 

 


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (6) グランド・キャニオンの夕景

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/18

コメント(2)

私は、初めてグランドキャニオンに行ったのは、1999年のアメリカ大陸(HPには、未掲載)約7000kを横断したときです。そのときは、そんなに感激しませんでした。
それはなぜかというと、何しろデカすぎたためです。
人間って、でかすぎると私みたいに感激しない人もいるのです。
その後、TVなどで、朝夕の赤く焼けた景色が、紹介され、もう一度、泊りがけで、
行ってみたいと思ったが、そのチャンスがナカナカありません。
KAICHOさんは、素晴らしい景色を見れて良かったですね。
園内のロッジに泊まられたのですね。
このロッジは、人気があり、予約が取りにくいといわれていますが、
取れてラッキーでしたね。
横長の画像ですが、その画像をクリックしてもスクロールができず、
残念ながら、全部見れないのです。

シルビアさん、いろいろと情報や画像をありがとうございました。
お陰様で素晴らしい光景に巡り会え、楽しく旅行できました。
わが家は2000年にグランド・キャニオンに行きました。
私は雄大な景色に、自然やものごとに対する考え方、
価値観が変わったほど感激しました。
その時はラスベガスから飛行機で日帰りの旅でした。
今回はロサンゼルス在住のいとこ夫婦の薦めと骨折りのおかげで、
朝と夕の景色を主目的に再訪しました。
わざわざ行ってみるだけの甲斐のある光景に巡り会えました。

横長の画像ですが、ブラウザによって違うようですが、
IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、画像の上で
右クリックして「リンクを新しいウインドウで開く」で見て
いただくと、スクロールバーがついた画面が出てきます。
試してみてください。