グランド・サークル巡り (7) グランド・キャニオンの朝の景色

| | トラックバック(0)

日の出の時刻は5時40分頃、眠い目をこすりながらMather Pointに向かいます。昨日の夕陽のポイントほどではありませんが、ここも混んでいます。撮影に適していそうな場所には既に大勢が占めています。
少し離れた崖っぷちが目につきました。立ち入り禁止などの制約もなさそうです。余談ですがアメリカの公園などでは日本のようにフェンスや手すりがあまりなくて、こんな場所に人が入っても大丈夫かと心配になるようなところがたくさんあります。日本のように過保護にならず、自分の責任で安全な範囲を判断して利用して下さいという姿勢のようです。同じことを考える人もいるようで、一人先客がいました。そこで日の出を待ちました。
グランド・キャニオンの崖の先に陽が昇り始めたようです。東の空が赤くそまり、崖がシルエットで浮かび上がり、素晴らしい光景が広がりはじめました。

20080829-1.jpg

 

 

望遠レンズで太陽を撮影しました。少し雲がかかっています。

20080829-2.jpg

 

 

昇りはじめた太陽がダイヤモンド状態になりました。グランド・キャニオンの上のダイヤモンド、魅力的です。

20080829-3.jpg

 

 

陽が昇ると、グランド・キャニオンの渓谷のなかに朝陽が入り始めます。日に当たった部分が赤く染まり、素晴らしい色の景色が展開されます。

20080829-4.jpg

 

 

グランド・キャニオンの素晴らしい夕陽、朝陽を堪能し、次のアンテロープ・キャニオンに向かって出発です。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (7) グランド・キャニオンの朝の景色

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/19