グランド・サークル巡り (10) アンテロープ・キャニオン

| | トラックバック(0)

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)はアリゾナ州ページ(Page)の町の近くのナバホ居留区(ナバホ・ネイション)にある、美しい渓谷です。
いわゆるスロット・キャニオン(幅の狭い渓谷)の一つで、砂岩が水によって削られてできた狭い渓谷です。モンスーンの時期などに降る雨水が狭い谷間に集まり高速の流れになって、砂岩を複雑な形に削り取ります。長い年月の間に文字通り流れるような模様を作り上げてきました。
そこに入り込む光が素晴らしい自然の光のシンフォニーを奏でます。
1931年に初めて紹介されたそうです。最近人気のスポットになり、とくに写真家の訪問が多いそうです。
素晴らしい光景をたっぷりとお届けします。 

20080910-01.jpg

 

 

20080910-02.jpg

 

 

 

20080910-03.jpg

 

 

 

20080910-04.jpg

 

 

 

20080910-05.jpg

 

 

 

20080910-06.jpg

 

 

 

20080910-07.jpg

 

 

 

20080910-08.jpg

 

 

20080910-09.jpg

 

 

20080910-10.jpg

 

アンテロープ(Antelope)とは牛の仲間の一種であるレイヨウ(羚羊)のことですが、なぜこの谷間がアンテロープと呼ばれるかは、いろいろ調べてみましたが、まだ分かっていません。谷間の砂岩の色がエダツノレイヨウの色に似ていますが、そのために命名されたという見解も見つかっていません。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (10) アンテロープ・キャニオン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/25