グランド・サークル巡り (11) モニュメント・バレー その1

| | トラックバック(0)

アンテロープ・キャニオンからいよいよモニュメント・バレー(Monument Valley)に向かいます。
モニュメント・バレーはアメリカのユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域で、ナバホ居留地となっています。その一部が観光客に公開されています。メサといわれる岩の台地やビュートといわれる岩の塔が、モニュメント(記念碑)のように並んでいて、モニュメント・バレーと名付けられました。ロッキー山脈からの鉄分を大量に含んだ砂が川の流れにのって堆積してできた地層が風化・浸食されてして複雑な形の岩でき、鉄分の酸化によって茶褐色の地表となり、独特の風景になっています。


アメリカの原風景の一つとして、古くから多くの映画の撮影地になっています。ジョン・フォード監督のお気に入りの地で「荒野の決闘」「駅馬車」「黄色いリボン」「アパッチ砦」「捜索者」などの多くの西部劇の名作がモニュメント・バレーで撮影されました。近年でも「フォレスト・ガンプ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「イージー・ライダー」「インディ・ジョーンズ」「2001年宇宙の旅」などの作品の舞台となっています。

 

アンテロープ・キャニオンからはAZ-98号線を南下し、US-160号線を東進、US-163号線を北上して向かいます。カイエンタ(Kayenta)の町を過ぎて20マイルほど走ると、前方にモニュメント・バレーが見えてきます。最初に目に入ってきたのはAgathla Peakと呼ばれる孤立岩山です。このあたりは「荒野の決闘(My Darling Clementine (1946) )」の場面になったところです。「愛しのクレメンタイン(My Darling Clementine)」(日本では雪山賛歌という曲として有名)の曲とヘンリー・フォンダ扮する主人公ワイアット・アープと女教師クレメンタインの別れの場面が有名です。この場面を撮影した場所は是非訪れてみたいと思っていたところです。最初の画像はUS-163号線沿いから撮影したものです。2枚目の画像が映画「荒野の決闘」の別れのシーンのイメージ画です。背景からほぼ同じ場所と思われます。

20080912-1.jpg

20080912-2.jpg

 

 

「フォレスト・ガンプ/一期一会(Forrest Gump (1994))」の撮影地がUS-163号線のモニュメント・バレー入口を越えた先にあるとのことで、訪れてみました。3枚目の画像はUS-163号線沿いの駐車スペースで撮影したものです。4枚目の画像は映画「フォレスト・ガンプ」で恋に破れて(と思って)アメリカを何度も横断して走り続けてたトム・ハンクス扮する主人公フォレスト・ガンプが、走るのを止めたシーンのイメージ画です。背景からほぼ同じ場所と思われます。

20080912-3.jpg

20080912-4.jpg

 

両方とも好きな映画で、そのシーンの強い印象が記憶に残っており、撮影場所を訪れることができて嬉しかったです。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (11) モニュメント・バレー その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/29