グランド・サークル巡り (12) モニュメント・バレー その2

| | トラックバック(0)

モニュメント・バレーはUS-163号線の東と西に広がっています。東側にビジター・センターがあり、訪れる人が多いですが、西側にも有名なポイントがあります。その一つがグールディングス・ロッジ(Goulding's Lodge)です。
HarryとLeone (nicknamed "Mike")のグールディング(Goulding)夫妻は1921年に原住民から640エーカーの土地を購入し、ナバホ族の住民との交易所を建てました。1938年にハリウッドを訪れ、新作西部劇のロケ地を探していたジョン・フォード監督と会い、地域振興のために撮影地として誘致しました。その結果モニュメント・バレーで撮影されたのが「駅馬車(Stagecoach)」(1939年)です。西部劇やアメリカ映画とその歴史を語る時に欠かせない作品です。アカデミー賞7部門にノミネートされ、2部門で受賞しました。ジョン・フォード監督が当時無名のジョン・ウェインを抜擢し、一躍西部劇のスターに押し上げました。その後もジョン・フォード監督とジョン・ウェインのコンビはモニュメント・バレーを舞台にして数々の作品を生み出していきました。Goulding夫妻は宿泊所も設置しました。ジョン・ウェインなどの映画関係者が定宿にしていたそうです。観光客も多く訪れるようになり、Goulding夫妻はモニュメント・バレーの発展に大いに貢献しました。現在はモニュメント・バレー内唯一の宿泊施設になり、常に満室という人気のホテルになっています。

20080913-1.jpg

 

 

グールディングス・ロッジの前にはモニュメント・バレーのビュート(岩の尖塔)やメサ(テーブル状の岩)が広がり、西部劇の舞台そのものといった雰囲気です。ここにはモニュメント・バレーで撮影された映画の情報などに関する博物館も併設されています。

20080913-2.jpg

 

 

グールディングス・ロッジの前でもいくつかの映画が撮影されています。その一つがジョン・ウェインとヘンリー・フォンダ主演の「アパッチ砦(Fort Apache)(1948年)」です。画像はヘンリー・フォンダ扮する新任の司令官が赴任するために、騎兵と馬車が駆け上がってくる場面のイメージです。

 

 

20080913-4.jpgグールディングス・ロッジの前の風景が上のイメージに重なります。

 

20080913-3.jpg 

 

もう一つは「黄色いリボン(She Wore A Yellow Ribbon)(1949年)」です。ジョン・ウェイン主演の騎兵隊映画です。軽快な主題歌も有名です。騎兵隊の駐屯地がここにあるという設定でした。画像はその駐屯地で国旗掲揚を行っている場面のイメージです。

 

20080913-6.jpg

グールディング・ロッジから見た風景がそのイメージに重なります。

 

20080913-5.jpg 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (12) モニュメント・バレー その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/30