グランド・サークル巡り (13) モニュメント・バレー その3

| | トラックバック(0)

グールディングス・ロッジからUS-163号線を越えて東側に向かうとビジター・センターがあります。ここから眺める景色はモニュメント・バレーを代表する景色です。
下の画像はビジター・センター前からのパノラマです。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。
左に見える大きな台地がセンティネル・メサ(Sentinel Mesa:見張り台)、次ぎに右に向かって順にウエスト・ミトン・ビュート(West Mitten Butte:西手袋塔あるいは左手袋塔)、イースト・ミトン・ビュート(East Mitten Butte:東手袋塔あるいは右手袋塔)、メリック・ビュート(Merrick Butte:メリック塔? どうも個人名のようです。盗賊の名前との話しも)、右端の方にエレファント・ビュート(Elephant Butte:象塔)などが見えます。Mesaは上が平らなテーブル状の岩山、Butteは上が尖った岩の塔、Mittenは親指だけが別れ、他の4本の指の部分が一体になった手袋です。ビュート群の前に未舗装の道路があり、車で回ることができます。パノラマ画像です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080915-1.jpg

 

 

ここから眺めていると映画のシーンがダブってきます。まず駅馬車が走っているシーンが思い出されます。撮影した画像に駅馬車をかぶせてみると、「駅馬車(Stagecoach)」のシーンのイメージとぴったり一致します。実際の撮影場所はビジター・センターより少し北西にいったところです。この作品の監督、撮影、「影」の出演はKAICHOです。(^_^;) (^_-)v 

20080915-2.jpg

20080915-3.jpg

 

 

次は「黄色いリボン(She Wore A Yellow Ribbon)」です。ウエスト・ミトン・ビュートの下を黄色いリボンを首にまいた騎兵隊が馬を駆っているイメージと重なります。映画の世界にひたることができます。

20080915-4.jpg

20080915-5.jpg

 

次から次と映画の撮影場所とそのシーンに重なる画像を撮ることができ、とても感激しました。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (13) モニュメント・バレー その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/31