グランド・サークル巡り (14) モニュメント・バレー その4

| | トラックバック(0)

モニュメント・バレーは米国西部に広がるコロラド高原に2億7000万年も前にできた地層が、その後この付近の大河の水や風などによって5000万年もかけて浸食・風化されてできたものだそうです。巨大で複雑な岩山ができあがった(周囲が削られて残ったという方が的確か?)過程は自然の偉大な力を感じます。メサ(上の台地の部分が高さより大きいもの)やビュート(上の部分より高さの方が大きいもの)は約300mもの高さがあります。岩に含まれていた鉄分が酸化して独特の赤茶色になっています。そのいくつかを紹介します。

エレファント・ビュート(Elephant Butte)
象の形に見えるので名付けられています。

20080920-1.jpg

 

 

キャメル・ビュート(Camel Butte)
駱駝(ラクダ)の形をしています。

20080920-2.jpg

 

 

スリー・シスターズ(Three Sisters)
三姉妹です。

20080920-3.jpg

 

次々と登場するモニュメントに圧倒されます。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (14) モニュメント・バレー その4

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/32