グランド・サークル巡り (15) モニュメント・バレー その5

| | トラックバック(0)

モニュメント・バレーを有名にしたのは西部劇の神様といわれるジョン・フォード監督の貢献が大きいと思います。ジョン・ウエインを抜擢して、初めてモニュメント・バレーで撮影した「駅馬車」をはじめ、多くの映画をここで撮影して世に送り出しました。そのジョン・フォード監督が好んだ場所といわれているのが「ジョン・フォード・ポイント」です。エレファント・ビュートとスリー・シスターズの中間くらいのところにあり、モニュメント・バレーを巡るコースの目玉の一つになっています。画像はジョン・フォード・ポイントからのパノラマです。多くのビュートや起伏の多い地形が連なっており、いいシーンのイメージが浮かんだことが想像されます。

パノラマ画像です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080921-1.jpg

 

 「ジョン・フォード・ポイント」に関する多くの説明では「ここで多くの映画を撮影した」とか「好んでカメラを設置して撮影した」といわれています。さぞや多くのジョン・フォード作品にここから撮影したシーンが登場するものと思って調べてみましたが、意外と見つけるのに苦労しました。「駅馬車」「荒野の決闘」「アパッチ砦」「リオ・グランデの砦」「黄色いリボン」をチェックしましたが、見つけられませんでした。やっと見つけたのが「捜索者:The Searchers (1956) 」です。ジョン・ウエインが新境地を開いた作品と言われています。下の画像は「捜索者」で牧場の牛を襲った犯人を追跡するシーンのイメージです。上のパノラマ画像の中央やや左側のあたりを背景にしていることがわかります。実際の撮影場所はもう少し右側だと思います。

20080921-2.jpg

 

「ジョン・フォード・ポイント」といっても特定の一点の地点ではなく、このエリア一帯をさしていると思います。よくここが「ジョン・フォード・ポイント」として紹介される場所(下の画像の右側からせり出している岩場の上)がありますが、その場所から撮影されたシーンは見つけられませんでした。

20080921-3.jpg

 

しかし、その後方から撮影したシーンは、同じく「捜索者」に登場します。下の画像は「捜索者」で、さらわれた親族を最後に見つけて助け出す場所として登場するシーンのイメージです。「捜索者」は久しぶりに見直しましたが、なかなか面白い作品でした。

20080921-4.jpg

以上のような状況から「ジョン・フォード・ポイント」はジョン・フォード監督が好んだ場所でここで「撮影したところ」というよりは(ここに陣取って周囲を見回しながら、どこでどんなシーンを撮影するかの)「構想を練ったところ」というのが当を得ているのではないかと思いました。

ジョン・フォード・ポイントにおける取材風景は「NPHPブログ版」でご覧下さい。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (15) モニュメント・バレー その5

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/33