グランド・サークル巡り (17) モニュメント・バレー その7

| | トラックバック(0)

モニュメント・バレーにはジョン・フォード・ポイント以外にも素晴らしい景色が一望できるポイントがあります。その一つがアーティスツ・ポイント(Artist's Point:芸術家ポイント)です。ビジター・センターから一番奥にあり、これまで見てきた岩山を裏から見るような位置になります。多くのビュートやメサを一望でき、絵心を誘われます。パノラマ画像です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

1-アーティスツ・ポイントのパノラマ

20080924-1.jpg

 

次はノース・ウィンド(North Window:北の窓)です。エレファント・ビュートの後側で二つのビュートの間(窓)から素晴らしい景色が見られます。画像はその窓(中央やや右側)の手前から撮ったものです。

2-ノース・ウィンド(North Window:北の窓)の手前

20080924-2.jpg

 

このあたりも「西部開拓史 How the West Was Won (1962) 」や「捜索者 The Searchers (1956) 」がここで撮影されました。画像は「西部開拓史」のラストに近い場面で主役の一家が叔母さんの家に向かうところのイメージです。

3-西部開拓史のシーンのイメージ

20080924-3.jpg

 

ノース・ウィンドからは多くのビュートやメサが連なる光景が見られます。

4-ノース・ウィンド

20080924-4.jpg

 

ここでは「捜索者」の撮影が行われました。画像はそのシーンのイメージです。

5-捜索者シーンのイメージ

20080924-5.jpg

 

ここから見える平原でも多くの映画が撮影されています。

6-ノース・ウィンドから見える平原

20080924-6.jpg

 

下の画像は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢ Back to the Future Part Ⅲ (1990) 」で1885年にタイムトラベルした主人公と愛車「デロリアン」が先住民族の目前に登場してあわてて逃げるシーンのイメージです。実際の撮影は平原の奥の方で行われたと思いますが、我々はそこまでは入っていけませんでした。

7-バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢのシーンのイメージ

20080924-7.jpg

 

モニュメント・バレーとそこで撮影された映画の「通」になってしまいました。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (17) モニュメント・バレー その7

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/36