グランド・サークル巡り (9) 閑話休題 ルート66とシカゴ

| | トラックバック(0)

いよいよ今回のグランド・サークル巡りの主要目的地であるアンテロープ・キャニオン、モニュメント・バレー、ブライス・キャニオンに向かいますが、その前に閑話休題でルート66とシカゴについて触れます。
今回の旅で公園巡りとともに旧ルート66を走ってみるというのも大きな目標でした。その旅から帰国2週間後に、仕事でアメリカのシカゴを訪問しました。シカゴはミシガン湖にの西岸に接する五大湖、大平原地方の中心都市で、古くから牛などの物資の集積地で、交通の要衝の地で、ルート66の東の起点の街です。これも何かの縁、そこでシカゴのルート66ゆかりの地を訪れてみました。

ルート66はアメリカ合衆国最初の国道の一つとして1926年11月に創設されました。東のイリノイ州シカゴと西のカルフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長2,347マイル(3,755キロ)の道路はアメリカの国力(輸送効率や経済力)の発展に貢献するだけでなく、モータリゼーション、生活パターンなどのアメリカ文化の進展に貢献し、メイン・ストリート・オブ・アメリカ(The Main Street of America)とも呼ばれました。スタインベックの小説「怒りの葡萄」の中で貧しい人達が希望に溢れて西の街に向かう道路として「母なる道路(マザー・ロード:The Mother Road )」と呼ばれ、その呼び名も定着しました。ハンバーガーなどのファストフード店、ドライブスルー、モーテル、ロックンロール、ジュークボックスなどのアメリカ文化もこのルート66の沿線で大いに発展しました。近代的な州間道路の発展にともなって1985年に廃線になりましたが、その歴史的な価値が見直され、現在は旧国道66号線(Historic Route 66)として、国指定景観街道(National Scenic Byway)になっています。

先ずはルート66の起点です。シカゴの起点はルート66創設時は現在のジャクソン通り(Jackson Blvd)とミシガン通り(Michigan Av)の交差点だったそうです。ここを起点にしてジャクソン通りを西に向かうのがルート66の最初です。1926年の創設時から1937年までルート66の起点だったそうです。
写真は最初のルート66の起点、ジャクソン通り(Jackson Blvd)とミシガン通り(Michigan Av)の交差点

20080908-1.jpg

 

 

その後、起点の位置がミシガン湖沿いに移っています。明確に確認できていませんが、多分ジャクソン通りがミシガン湖畔まで東に延びたのだと思います。現在のジャクソン通りの東の端がミシガン湖のほとりを走る湖岸通り(レイク・ショア:Lake Shore Dr)通りと交差する交差点にルート66の起点が移りました。この起点は1937年から廃線になる1985年まで続きました。
下の写真はルート66の第二の起点になったジャクソン通り(Jackson Blvd)とレイク・ショア通り(Lake Shore Dr)の交差点で、奥はミシガン湖岸に繋留されているヨットの帆柱

20080908-2.jpg

 

 

多分ルート66が廃線になってからと思われますが、シカゴ市内は一方通行道路を多用するようになり、ジャクソン通りが、最初の起点であったミシガン通りとの交差点まで、東向きの一方通行道路になりました。ルート66が旧国道66号線(Historic Route 66)として復活した1990年代には、ジャクソン通りは西に向かって走れないため、旧ルート66に一番近く、西に向かう一方通行のアダムス通り(Adams St )がHistoric Route 66となり、そのアダムス通りとミシガン通りの交差点が起点となりました。そこはシカゴ美術館の真ん前です。
下の写真はHistoric Route 66の起点、アダムス通り(Adams St )とミシガン通り(Michigan Av)の交差点で、左に見える大きな建物がシカゴ美術館

20080908-3.jpg

 

 

アダムス通りはシカゴの中心地を西に向かって走る通りで、起点から西方向を見ると市街の中心に位置するシアーズ・タワーなどが見えます。シアーズタワーは長いこと世界一の高さの高層ビルでした。現在は屋根部分の高さで世界第三位、アンテナも含めると第一位です。
下の写真はHistoric Route 66の起点からアダムス通りを西に向かう方向を撮影したもので、通りの左奥に見える高い建物がシアーズ・タワー

20080908-4.jpg

 

 

アダムス通りの右の歩道に旧国道66号線(Historic Route 66)の起点であることを示す標識が立っています。
写真は起点標識で、後に上部が見えるビルがシアーズ・タワー

 

20080908-5.jpg

 

 

アダムス通りを西に向かって進むと旧国道66号線(Historic Route 66)であることを示す道路標識が立っています。
写真はシカゴ川にかかるアダムス通りの橋と標識、橋は跳ね橋になっている

20080908-6.jpg

 

 

本来のルート66であったジャクソン通りを、シカゴ川を越えて数ブロック西に向かうと、ジェファーソン通り(Jefferson St.)との交差点手前左側にルート66時代からの名物レストラン「ルー・ミッチェルズ(Lou Mitchell's)」があります。アメリカで最も美味しい朝食(breakfast)の店と評判の店です。自家製のパンを焼き、朝食、昼食を提供し、美味しいパン、素晴らしいコーヒー、ギリシャ風オムレツなどの多様なメニューが有名です。ルート66創設の直前の1923年創業で、ルート66とともに発展してきた店です。ルート66を旅する人達がここで食事し、パンやコーヒーを購入してスタートしていきました。午後3時までしか営業しておらず、訪問したのが夕方だったために実際に味わうことはできませんでした。余談ですが、この店の支店がシカゴのオヘア空港の第5ターミナルに出店していました。JALなどの国際便が発着するターミナルです。
写真はジャクソン通りのLou Mitchell'sの外観

20080908-7.jpg

 

 

ルート66はファストフードを発展させました。ハンバーガーで有名なマクドナルドもその一つです。マクドナルドはマクドナルド兄弟の名前に由来しますが、兄弟が1940年に作った店はハンバーガーショップではなく、1店舗だけです。現在のマクドナルドのチェーン店を展開したのはマクドナルドの商標と商売のノウハウを買い取った企業家のレイ・クロックです。1954年にシカゴ郊外のデスプレーンズ(Des Plaines)に最初のフランチャイズ店を出店し、大成功をおさめました。今のチェーン店としてのマクドナルドはシカゴから始まったわけです。
写真はマクドナルド創立50周年を記念してシカゴの中心地に作られたマクドナルドの外に展示されていたシボレー・コルベット・コンバーチブル(1959年製)です。その奥にはマックの黄色いアーチ状のマークと2列平行のドライブ・スルーがあります。
シボレー・コルベット・コンバーチブルは1960年にスタートしたテレビ映画「ルート66」の主人公の二人が乗っていた車です。初代コルベットは1954年に発売されました。写真のコンバーチブルは1958年に登場し、当時としては破格の高性能車で、憧れの車でした。優れたスピードや加速性能をほこり、数々のレースで活躍しました。シボレー・コルベットは、キャデラックとともにルート66を代表する車になりました。余談ですが、シボレー・コルベットというとエイを連想させるスティングレイ(Chevrolet Corvette Stingray)が有名ですが、これは2代目コルベット(1963年~)以降の車で、テレビのルート66の時にはまだ発売されていませんでした。その後、有名な名前になったのでルート66に登場した車もコルベット・スティングレイと思われているようです。
シボレー・コルベット・コンバーチブル(1959年製)は発売当時の価格が3495ドルでした。1ドル360円の時代でしたので、約126万円です。今は高価なクラシックカーになり数十倍の値段で取引されているようです。

20080908-8.jpg

 

 

ルート66とその途中の楽しい街に関する グランド・サークル巡り(5) ルート66とセリグマンの町 も是非ご覧下さい。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (9) 閑話休題 ルート66とシカゴ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/21