2008年10月アーカイブ

ブライス・ポイントからピーカブー・ループ・トレイル(Peakaboo Loop Trail)という散策路を通って谷間に降りていきます。谷の斜面にそって細い道が続いています。この写真の場面は比較的斜面の傾斜が緩やかで、道幅が広いですが、中には急斜面に狭い道というようなところもあります。

20081025-1.jpg

 

岩柱の間を縫うように道が通っています。

20081025-2.jpg

 

谷の上を見上げると、斜面からニョキニョキと生えてきているような岩柱が見えます。今にも頭の上に落ちてくるかのような迫力です。

20081025-3.jpg

 

様々な形の岩柱や木の林の中を散策コースが続きます。途中からナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)につながっています。

20081025-4.jpg

 

最後の方は岩柱が近くに迫っている狭いところを通って行きます。こんな狭いところににも大きな木が太陽を求めて高く背を伸ばしています。

20081025-5.jpg

 

岩柱の隙間を通り抜けたところです。人の大きさから周囲の岩柱の大きさ、高さが想像できると思います。

20081025-6.jpg

 

コースの最後はサンセット・ポイントに上がります。その途中から谷の方を見ると、不思議な形の岩柱がたくさん連なってみごとな景観をていしています。

20081025-7.jpg

このコースを最後にブライス・キャニオンに別れを告げ、ザイオン国立公園に向かいます。

 

 

 

 

次の景観ポイントはブライス・ポイント(Bryce Point)です。

ブライス・キャニオンは幾層にも重ねられた地層が風や水に浸食されてできています。その地層の多様性が岩柱(hoodoo)を始めとする地形の多様性を産み出しています。ブライス・ポイントにもじつに様々な形の岩柱を始めとする地形が並んでいます。

20081012-1.jpg

 

岩柱ではありませんが、多くの穴(Window)や洞穴(Grotto)があります。これは地層の中に砂岩(Sandstone)という砂を固めたような、比較的柔らかい層があり、それが固い岩の層の裂け目などから入り込んだ水やその氷、風雨などによって押し出されたり浸食されて穴があいてできます。下の写真にも大きな洞穴が多数見えます。

20081012-2.jpg

 

事前に調べたり教えて頂いた情報で、上から眺めるだけでなく散策路(Trail)を歩いて、横や下から見たブライス・キャニオンがすばらしいとのこと、是非見てみたいと思っていました。ブライス・ポイントから降りてピーカーブー・ループ・トレイル(Peakaboo Loop Trail)歩く予定です。下の写真の右下に細い道が続いているのが見えます。

20081012-3.jpg

いよいよ谷底に向かって歩き始めます。

 

このブログでも紹介してきましたが、モニュメント・バレーで多くの映画が撮影されています。その撮影地を集めたページ「モニュメント・バレーの映画撮影地」をアップしました。ご覧下さい。

 

 

 

 

次の景観ポイントはインスピレーション・ポイント(Inspiration Point)です。

ブライス・キャニオンは基本的に高原が風、水、氷によって浸食されてできたものです。巨大な自然の円形劇場ともいわれています。その雰囲気がここインスピレーション・ポイントによくでています。擂り鉢状に掘られた地形にたくさんの岩柱(hoodoo)がならんでいます。底の部分には濃い緑が見られます。

パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081007-1.jpg

 

岩柱はそれぞれ複雑な色と形をしています。中には60mにも達する高さのものもあります。このような形のものがよく崩れないものだと感心します。自然が産み出した驚異の造形ですね。

20081007-2.jpg

次はブライス・ポイントです。そこから谷間に降りていきます。

 

 

 

次の景観ポイントはサンセット・ポイント(Sunset Point)です。深い谷底に向かう崖にたくさんの岩柱が並んでいます。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081003-1.jpg

 

右側の崖の部分を見てみると、複雑な形の岩柱の間に散策路(Trail)が通っています。明日は逆方向から歩いてきて、ここを登ってくる予定です。かなりきつい坂のようですが、周囲の景色は魅力的でしょう。

20081003-2.jpg

 

中央の奥の方には不思議な形の岩柱が密集(?)しています。色も多様です。

20081003-3.jpg

 

その一部をさらにアップで見てみると、複雑に重なった地層が削られて岩の尖塔ができているのが見えます。岩の層毎に色も異なって複雑です。

20081003-4.jpg

 

別な場所をアップすると、赤茶色の岩柱がびっしりと並んでいます。それぞれの岩柱の形状は、なんとも表現が困難なくらい複雑怪奇な形です。

20081003-5.jpg

これぞ典型的なブライス・キャニオン(Bryce Canyon)の景色ですが、驚かされます。

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja