グランド・サークル巡り (28) ザイオン その2(最終)

| | トラックバック(0)

ザイオン国立公園には、不思議なかたちの岩山がたくさんあります。これはオルガン(Organ)と名付けられています。パイプオルガンのように見えます。

20081106-1.jpg

 

垂直に切り立った大きな岩山も多くあります。これはザイオン国立公園で最も魅力的なトレイル(散策道)があるといわれているエンゼルス・ランディング(Angels Landing:天使が舞い降りるところ)です。絶壁の上に登ることができます。

パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081106-2.jpg

 

渓谷に流れるバージン川に沿ってリバーサイド・ウォーク(Riverside Walk)という散策路があります。両側にはほぼ垂直の絶壁が迫っています。バージン川上流は川の中を歩いて谷間を上流に上っていくことができます。

20081106-3.jpg

 

岩壁は垂直に切り立っているだけでなく、道の上にのし掛かってくるようになっているところもあります。

20081106-4.jpg

 

ザイオン渓谷は24Kmにもわたって続いています。その両側には高さ600mにもおよぶ急峻で変化に富んだ岩山が連なり、谷間には曲がりくねった道路が続いています。いろは坂のようなところもあります。画像中央にかすかに道路が見えます。道路の上に小さな小さな白いゴミのようなものが見えます。それが長さ10m程度のキャンピングカーです。それとの対比で岩山の大きさが想像いただけますでしょうか。

20081106-5.jpg

ザイオン国立公園は独特のナバホ・サンドストーン(Navajo Sandstone)が浸食されてできた、美しくて気高い彫刻模様が溢れていました。

 

グランド・サークル巡りの紹介は今日で完了です。今回のグランド・サークル巡りはグランド・キャニオン、アンテロープ・キャニオン、モニュメント・バレー、ブライス・キャニオン、ザイオンなど、期待・想像していたスケールや不思議さを遙かに上回る景色を堪能することができました。あらためて自然や時の流れの偉大さと不思議な力を実感として感じることができました。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グランド・サークル巡り (28) ザイオン その2(最終)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/47