オタワ(3)

| | トラックバック(0)

オタワの別な顔を紹介します。

オタワの中心にリドー川が流れています。この川は運河になっていて、他の大きな都市とつながっているオタワ川とオンタリオ湖を結んでいます。200kmにもおよぶ運河で、物資輸送の動脈として1826年から6年の歳月をかけて造られたそうです。当時はアメリカと戦争状態にあり、アメリカの侵略に備える交通網として造られたそうです。

20081210-1.jpg

 

運河の主体はリドー川ですが、リドー川がオタワ川に合流するところは大きな段差があり、リドー滝となっています。

20081210-2.jpg

 

それでは船を通すことができませんので、たくさんの水門を有する運河を造り、水門を開閉させながら徐々に水位を上げ下げして船を通していきます。

20081210-3.jpg

 

現在は物資輸送はトラックや鉄道が中心で運河はその本来の役割を終えていますが、夏はカヌーや観光船が行き交い、冬はスケートリンクとして賑わっています。このスケートリンクは世界最大の長さを誇っています。200kmにもおよぶスケートリンクが形成されるのでしょうか。

20081210-4.jpg

 

最後は国会議事堂付近の夕焼けです。今回の訪問期間中はほとんど曇っていましたが、一日だけ晴れて夕焼けを見ることができました。国会議事堂のシルエットが綺麗でした。オタワからもオーロラが見られることがあるとのことで、期待していましたが見られませんでした。この夕焼けの後にオーロラが登場したら最高だったのですが。

20081210-5.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オタワ(3)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/52