ニューヨーク(1)

| | トラックバック(0)

1008年11月にニューヨーク(New York)を訪問しました。晩秋のニューヨークの表情を紹介します。

ニューヨークと言えば先ず自由の女神像(The Statue of Liberty)です。ヨーロッパから大西洋を渡って新大陸アメリカに到着するところがニューヨークでした。入口のニューヨーク湾に入り、最初に目にはいる場所であるリバティ島に建てられたのが自由の女神像でした。アメリカの独立100周年を記念して独立を支援したフランスから贈られ、1886年に完成しました。以来「自由を象徴する像」としてアメリカのシンボルとなっています。世界各地からやってくる移民にとっても新天地の象徴ともなっていました。世界遺産に登録されています。画像はリバティ島にわたるフェリーから撮影したもので、後にはニューヨークのマンハッタン島と高層ビル群が見えます。

20090101-1.jpg

 

右手には純金で形作られた炎のたいまつが掲げられ、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とローマ数字で刻印されている銘板を持っています。足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、弾圧や抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しています。女神がかぶっている王冠には7つの突起があり、7大陸と7つの海に自由が広がることを象徴しているそうです。台座を含めて93mの高さです。たいまつのところが展望台になって、見物客が見えます。その人達との対比から大きさが想像できると思います。911テロの後入場が制限され、内部見物は1週間以上前に予約した少数の人しか認められていません。

20090101-2.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ニューヨーク(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/56